[資格大解剖]知的財産のプロフェッショナル!難関!弁理士への道

キャリア

【資格大解剖】知的財産のプロフェッショナル!難関!弁理士への道

Gonです。

今回はキャリアとして、士業の仕事をご紹介します。一般に、士業の仕事は「文系のイメージ」が強いです。例えば、公認会計士、司法書士、弁護士などです。数ある士業のなかでも、理系の知識を活かせる職種が「弁理士(べんりし)」です。特許の専門家として、理系のキャリア選択として考えておられる方もいるでしょう(もちろん文系出身の弁理士の方もご活躍されています)。

私自身、これまでに2報の特許出願をしております。すべて新卒で入社した会社での話ですが、入社早々から特許出願の機会を与えられ、その時には弁理士の先生方と一緒に仕事をしました。そのことがきっかけで知的財産に関する国家資格である「知的財産管理技能検定」の3級も取得しました。

そして、つい最近ではその2報の特許が審査請求され、特許庁に登録となったという連絡も受けました。退職して数年が経過していますが、まさかの登録に驚いています。

弁理士とは

まず、弁理士と聞いても馴染みなく、具体的に何をしている人達なのか疑問に持たれている方も多いのではないかと思います。

弁護士ならよく聞くけど、弁理士って一体何をしているの?一字の違いですが、大きな違いがあります。弁理士がどんなミッションを背負い、何でご飯を食べているのか、どうすれば弁理士になれるのかもお伝えします。

資格の学校として有名なTACも、理系学生やリケジョに向けて弁理士という職業をアピールしています。その記事をお読みいただくには、こちらからどうぞ。

 

弁理士の業務

まずは、弁理士の業務について見ていきましょう。

弁理士は、他人の求めに応じ、特許、実用新案、意匠若しくは商標又は国際出願、意匠に係る国際登録出願若しくは商標に係る国際登録出願に関する特許庁における手続及び特許、実用新案、意匠又は商標に関する異議申立て又は裁定に関する経済産業大臣に対する手続についての代理並びにこれらの手続に係る事項に関する鑑定その他の事務を行うことを業とする。

(出典:日本弁理士会

弁理士の業務やその規制などを定めた法律として「弁理士法」があります。上記は第4条の条文です。

ざっくり言えば、弁理士は「特許などの知的財産(知財という)の手続きをお金をもらって他人に代わって行う」ということです。これが弁理士の肝心な業務であり、この業務により対価を得ることは一般人には一切認められていない弁理士の独占業務となります(弁理士法第75条)。

例えば、ある企業の技術者が世の中にはまだない新しい発明を完成させました。企業は、これを特許として出願したいのですが、知識もノウハウもありません。そこで登場するのが、特許を含む知的財産の専門家である弁理士です。弁理士は、その技術者と打ち合わせをしながら、その発明を明細書と呼ばれる文書に落とし込んでいき、企業の代わりに特許庁へ手続きを行います。

数々の発明の裏には、弁理士あり。弁理士は長年に渡って技術革新を裏で支えてきた存在ともいえます。

 

弁理士になるには

弁理士になるには、毎年1回行われる弁理士試験に合格することが第一歩となります。その後、弁理士登録を済ませば晴れて弁理士です。

弁理士試験に受験資格はありませんから、どなたでも受験できます。合格者のなかには学生もある一定数はいるようなので、弁理士や特許など知財に興味を持った学生は受けてみても面白いかもしれません。

気になる試験は「筆記試験」「口述試験」により構成されます(2017年現在)。

筆記試験がまず課され、合格した人が次の口述試験に進みます。しかし、筆記試験も「短答式」と「論文式」に分かれており、短答式に合格した人が論文式の試験を受ける権利を得ます。短答式も論文式も免除制度を取っており、一度合格すれば2年間は免除となるようです。

要するに、弁理士への道は、

弁理士試験は筆記試験(短答式) → 筆記試験(論文式) → 口述試験

と3STEPとなります。

ちなみに、平成28年の実績では、はじめの筆記試験(短答式)が5月22日、最後の口述試験の合格発表日が11月9日の予定となっていますから受験から合格発表まで期間が約半年もかかる試験です。

筆記試験(論文式)では、選択科目として理工系各分野の専門試験も課されます。ただし、文系受験者も受験できるように理工系の科目に並んで民法も選択できるようになっています。文系受験者は民法を選択するのも手でしょう。

文系出身の弁理士は特許というよりは、意匠や商標の分野で活躍されている方が多いようです。

 

弁理士試験の難易度

弁理士試験の直近の合格率は6.6%だそうです。しかし、かつては2%程度の超難関資格でした。

特許庁は、工業所有権審議会の決定を受け、本日、平成27年度弁理士試験の合格者を発表しました。 今年度は、志願者数5,340人、受験者数4,798人に対し、合格者数は319人であり、合格率は6.6%となりました。

(出典:特許庁

また、合格者の平均受験回数は4.5回だそうです。これらのデータからも難関試験であることが伺えます。

弁理士試験を難しく感じさせている理由を考えてみました。

弁理士の仕事は技術者(発明をする人)や技術(発明そのもの)に深くかかわることから理系出身者が多いです。理工系の専門試験も課され理系の素養を持った人が、これまでの人生で馴染みのなかった法律、つまり特許法、実用新案法、意匠法、商標法、著作権、不正競争防止法、関連する条約といった各法令について勉強する必要があります。

知的財産管理技能検定3級レベルであれば各法律の概要が分かっていれば解答できますが、弁理士はこれらの法律を熟知したうえで仕事をしていきますから、課されるレベルも相当高いものだと予想できます。

 

弁理士試験の対策

弁理士試験が相当な難易度を持つ試験であることをご理解いただけたと思います。

弁理士試験を受ける前に、もう一度何故、自分は弁理士資格を取りたいのかをよく考えてみることだと思います。

可能であれば、企業の知的財産関連の部署や特許事務所で業務経験を積んでみると、弁理士の仕事像が具体的に見えてくると思います。実務を経験することは資格取得にも有利に働くのではないでしょうか。

やはり百聞は一見に如かずですから、経験してみることで自分自身の気持ちに気づき、知ることもできます。それでも、気概を持って弁理士試験を受験しようと思えば対策を講ずる必要があります。

 

①:予備校に通う

 

資格の学校TACLEC東京リーガルマインドが弁理士試験の対策において評価されているようです。どちらか自分に合った学校を選ぶといいようです。

関連:弁理士 | 資格のTAC

関連:弁理士 | LEC東京リーガルマインド

 

②:WEBの対策講座を受講

現在は資格試験の対策もオンラインでできます。

予備校に通うとなれば大都市まで行かなければなりませんが、WEB講座であれば自宅で受講でき、通学にかかる費用や時間を節約できます。私の友人も弁理士になろうとしていますが、彼は滋賀県から愛知県まで予備校通学しています。仕事をしながらだと移動があるのは大変だと思います。

今回紹介する資格スクエアは、登録無料です。

弁理士以外にも、気象予報士や公務員対策や、私が過去に取得した知的財産管理技能検定の対策講座も用意されています。

ここで講師を務める正林真之先生は弁理士資格対策の業界では実績もあり、有名な先生のようです。理系が難関の弁理士に合格するには、同じように理系脳を持って合格された現役弁理士の方に教わることが近道だと思います。

 

③:独学で乗り切る

論文試験が試験科目に含まれるため、独学では難しいと言われています。それでも、独学で乗り切るのであれば以下のサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連:独学の弁理士講座 -弁理士試験の勉強法-

上記のサイトが評判がいいようです。

また、実際の合格者の体験談から学ぶこともあるでしょう。

関連:ケチで集中力のない私の弁理士試験2年合格&弁理士日記

 

まとめ

いかがでしたか。

弁理士についてご紹介しました。

知的財産のプロフェッショナルで、スペシャリストである弁理士資格は理系資格の最高峰とも言われます(医師を除く)。その道は険しいものですが、現在の試験制度はかつてほどの難易度はないようです。それでも、合格率から見ても簡単にパスできる試験ではありません。

しかしながら、弁理士を目指される方にとっては、喜ばしくない情報もありましたのでお知らせします。

産業界において年間40万件以上あった特許の出願件数は、現在では30万件にも満たず、一方では弁理士の登録数は以前の3倍になっているようです。

これは弁理士による仕事の奪い合いが起きていること、また今後も起きることを示しています。このため、現在でも弁理士になったけど、弁理士一本では食べていくことが出来ず、廃業を余儀なくされる場合もあるとのことです

最近、企業の傾向としても特許申請等の業務を内製化(外注ではなく社内業務として行うこと)するところも増えてきており、独立開業した弁理士への仕事が減っている原因ともなっています。

それでも、弁理士を目指す方はいるわけです。知的財産とは?何ぞや?という基礎的な知識を習得したいならば、弁理士より下位資格であり、国家資格でもある「知的財産管理技能検定」を受験してみることをおススメします。

2級でもそれなりの難易度ですから、弁理士試験の腕試しとして受験されてもいいかと思います。

弁理士試験は何歳でもチャレンジできます。いきなり机上の空論で弁理士に挑戦するのではなく、適性があるかどうかの見極めも含め、企業や特許事務所で経験を積んでから資格取得に挑戦することもいいでしょう。

遠回りでも弁理士になるキャリアプランを描きながら、目の前にある実現可能なキャリアを選択していくのもありだと思います。合格者の最高年齢は70代で、合格者の平均年齢は30代後半だそうです。

最後に、資格を取得して終わりではありません。良い明細書を書くには経験が必要だと思います。特許の技術分野は多岐に渡りますから、自身の専門分野(強み)を決め、集中して業務に臨まれることが弁理士としての厚い信頼を獲得していくのだと思います。

The following two tabs change content below.
Gon
キャリアクエスト運営責任者。 20代のうちに転職を3回経験し、現在4社目。自身がキャリアに悩み、転職を繰り返した経験をベースに、同じようにキャリアへ悩む20代、30代に向けてキャリア開発支援、転職支援を行いたいと考えている。

記事が気に入ったら
キャリアクエストを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

キャリアクエスト|なりたいキャリアをみつけるブログ

ピックアップ記事

  1. 孤独な転職活動の強い味方!転職エージェントへ登録して理想のキャリアをみつける
  2. IT、Web業界でエンジニアとしてキャリアを積んでいきたい人が知っておきたい業界…
  3. 【転職初心者向け】初心者もこれで安心!転職したいと思った時、何をするか?
  4. 【永久保存版】これから転職活動を始める人が絶対に知りたい「転職理由の組み立て方」…
  5. 【筆記試験対策】SPI3/SPI-G(WEBテスティングサービス)の攻略

関連記事

  1. 転職市場に技術者に求められる「ソフトスキル」(コミュニケーションスキル編)

    キャリア

    転職市場で技術者に求められる「ソフトスキル」(コミュニケーションスキル編)

    Gonです。転職市場で技術者に求められるもの。今の技術者や研究…

  2. 【仕事≠作業】仕事と作業の違いを理解してライバルに差をつけろ!

    キャリア

    【仕事≠作業】仕事と作業の違いを理解してライバルに差をつけろ!

    Gonです。就活を控えた大学生や大学院生、または現在就活中の大…

  3. キャリアを考えるうで新卒の就職活動は大きなターニングポイントになる

    キャリア

    キャリアを考えるうえで就職活動は大きなターニングポイントになる

    Gonです。キャリアを考えるうえで新卒の就職活動は大きなターニング…

  4. [理系の進路]バイオ系に進む?バイオ系が就職でぶち当たる問題とは

    キャリア

    【理系の進路】バイオ系に進む?バイオ系が就職でぶち当たる問題とは

    Gonです。高校時代の文理選択は、人生の大きなターニングポイントの…

  5. イクメンこそ男の夢!?男性の育児休暇取得について真剣に考えてみる

    キャリア

    イクメンこそ男の夢!?男性の育児休暇取得について真剣に考えてみる

    Gonです。男性の皆さん、育児休暇を取得したことがありますか?…

  6. 外資系企業の就業経験から語る!「外資系企業で働くという視点」2

    キャリア

    外資系企業の就業経験から語る!「外資系企業で働くという視点」2

    Gonです。前回、お伝えした「外資系企業で働く視点」の後編とな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 幅広くバランスのよい能力が求められるWebディレクターの転職
  2. 他社でも通用する?技術者・エンジニアの市場価値を決める7つの要因
  3. 【永久保存版】これから転職活動を始める人が絶対に知りたい「転職理由の組み立て方」
  4. 入社したばかりの企業を退職したい!「第二新卒」と「既卒」、どちらを選ぶべきか
  5. 【地元就職・地域密着】ハローワークを理解し、駆使することで転職の目的は果たされる
  6. IT、Web業界でキャリアを積んでいきたい人が知っておきたい業界事情
  7. 人は見た目が一番大事!?見た目を鍛え、印象を良くすることで「成功」をグッと手繰り寄せる
  8. イクメンこそ男の夢!?男性の育児休暇取得について真剣に考えてみる
  9. 【就活生必読】具体例で分かる!就活生が書いたエントリーシートの志望動機を社会人が見て思う4つのこと
  10. キャリアやスキルを伸ばす絶好のチャンス!?海外で働くための方法は一つではない

過去の記事

  1. 会議にも種類があることを知っていますか?目的に合わせて会議手法を変える!

    お役立ち

    会議にも種類があることを知っていますか?目的に合わせて会議手法を変える!
  2. 【筆記試験対策】中途採用で行われる筆記試験は背景と全体像を知ったうえで対策する!

    筆記試験対策

    【筆記試験対策】中途採用で行われる筆記試験は背景と全体像を知ったうえで対策する!…
  3. 現役転職エージェントが教えてくれた「年収交渉で困らないための極意」とは

    年収交渉

    現役転職エージェントが教えてくれた「年収交渉で困らないための極意」とは
  4. 【面接必勝法】面接時の逆質問は多ければいいという問題ではない!量より質!

    転職

    【面接必勝法】面接時の逆質問は多ければいいという問題ではない!量より質!
  5. 【転職初心者向け】転職することで失うものについて考えてみました

    転職

    【転職初心者向け】転職することで失うものについて考えてみました
PAGE TOP