[転職経験談]面接不合格となった企業への再応募は?できる?できない?

転職

【転職経験談】面接不合格となった企業への再応募は?できる?できない?

Gonです。

転職活動は、企業へ応募することから始まります。応募先の企業では、提出された履歴書・職務経歴書の内容をもとに書類選考が行います。書類選考に合格すれば面接が控えており、求職者は段々とフィルタリングされ、最終面接に合格できれば、【採用】の通知を受け取ることができます。

今、応募した企業へ「どうしても行きたい」と願っていた求職者がいて、残念ながら選考の過程で不合格となったと仮定します。しかしながら、「どうしてもその企業で働きたい!」のです。一度、不合格となった後に再チャレンジしたいと思う気持ちはよく分かります。

そもそも「再応募」は可能なのでしょうか。

もしも、再応募ができるとしたら、どれ(修業)期間を積めば再応募してもよいのでしょうか。今回は不合格となった企業への再チャレンジについて考えてみます。

再応募は可能である

結論から言えば、どうしても行きたい企業の選考に落ちたとしても、再応募は可能です。

再応募は可能ではありますが、不合格通知を受けてから「数か月後」に再応募したとしても結果は変わらないでしょう

まずは、不合格理由を知り、その不合格理由を解消するほどに一定期間、経験を積むことです。それにはおおよそ3年程度の期間が必要だと、とある転職エージェントのアドバイザーから教わりました。

多くの場合、申告さえすれば「不合格理由」は開示してもらえます。

例えば、私が過去に応募した企業で、最終面接が不合格となった場合もありましたが、転職エージェントのアドバイザーを通じて「何故、今回不合格となったか」を教えてもらえました。

転職エージェントをご利用されたのであれば、担当するアドバイザーへまずは相談します。そうではなく、リクナビNEXTのような転職サイトを通じて自力で応募された方は、応募先の人事担当者に直接メールか電話で聞いてみます。

もしも、不合格理由が「経験不足」であって不合格となったのであれば、単純に経験さえ積み重ねれば再応募可能という理屈になります。

 

再応募についてパターン分けする

不合格といっても、どこの選考プロセス不合格となったのか、場合分けをして考えます。

書類選考で不合格となる場合、面接で不合格となる場合の2パターンに分けて考える必要があると思います。

①:書類選考で不合格になるパターン

同一ポジションで再応募する

書類選考で不合格となる場合は、経験・スキルがその企業の求めるレベルに達していない可能性が高いと思います。

または、自分の経験・スキルをその企業が求めていない場合です(未経験者に多い)。

短期間で再応募することも出来なくはないですが、やはり同じ結果となるかと思います。書類で不合格となったということは、つまり、企業から「あなたの経験・スキルは私たちが求めているものではありません」と言われているようなものです。それは、単純に経験はしていてもレベルが足りないのか、そもそも必須条件の経験を満たしていないのか、と理解する必要があります。

いずれにしても、再応募して合格を勝ち取るためには「現職でもう一度経験・スキルを鍛えなおす」か、「一旦経験を積むために別の会社に移っておく」の二択になるかと思います

成長した自分を見せない限りは、同じ結果となることは考えるに容易いでしょう。

 

同一企業で異なるポジションで応募する

上記は同一ポジションの場合ですが、異なるポジションであれば再応募してみる価値はあると思います

企業が人を欲しいと思う理由はそれぞれで、別のポジションでも求人が出る(人が欲しい)ということは応募するチャンスと思っていいと思います。

実際、私自身も同一企業で「ポジションA」は書類選考で不合格になりましたが、別の「ポジションB」では書類選考をパスした経験がありました。

別のポジションであれば選考する部署・部門も異なるケースもあるので、一度トライしてみましょう。

 

②:面接で不合格になるパターン

面接で不合格になるパターンでは、応募書類による書類選考はパスしています。つまり、企業が求める一定基準はクリアしたということを意味します。

従って、再応募しても書類選考は合格する可能性はありますが、同じく数カ月程度の期間を空けるだけでは厳し現実があります。一般的には年単位の期間を空けます。

目安となるのは、期間(〇か月、〇年という基準)というよりかは「自分のキャリアのなかで大きな経験ができた」時や「人に誇れる実績」を獲得し、さらなる成長により新しいスキルや従来のスキルに磨きがかかった時が「再応募のタイミング」だと思います。自分に自信がなければ、応募しても同じ結果になるのは目に見えています。

「あの頃は、○○ができなかったけど今は△△になったから成長した。だから、次はうまくいく。」くらいの自信は必要です。そして、成長した証を見せることが出来れば、合格がグッと近くなると思います。

企業の内部も人事異動等で変化しており、当時の面接官も別の部門へ移り、応募先の部門にはいない可能性もあります。面接官が変われば評価も変わることは明白ですから決してチャンスがないわけではありません。

このケースで気を付けなければならないのは、「書類選考」です。

一度通っているので、次も通る可能性が高いことには変わりませんが、その保証はありません。応募歴が残り、不合格理由の改善がされていないと判断されれば、次は書類選考でも不合格となるケースもあり得ます。

意外と自分自身では気づかないことですが、期間が開いたことで「年齢」が上がっています。転職成功と応募時の年齢には深い関係があり、一般には年齢が低い方がポテンシャルを評価してもらえる傾向があり、評価も変わっていきます。

何年空けるかにもよりますが、再応募となれば、年齢も上がり、当時と同じ評価を受けるとは限らないことをよく理解します。

 

③:何においても例外はある

企業を取り巻くビジネス環境と言うのは短期間であっても目まぐるしく変わっています。

グローバルにビジネスをされている企業では、ご存知のように為替の影響を受けるわけですから、短期間で黒字予想が赤字予想に変わることもあり得るでしょう。ネガティブなことばかりではなく、新しくローンチしたサービスや商品の需要が伸びており、業務過多で積極的に投資が必要になったかもしれません。そうなれば、人も急に必要になります。

企業も募集の背景が変われば、人材を選ぶ基準も変わります。

私の友人の経験談として、面接不合格から「1年半程度」空けて再応募してみたら、次も同じように「書類選考」をパスし、面接へ呼ばれて内定を取ったという話があります。まさに、その企業は事業買収を行い、人が急に必要になったようで、その選考基準も当時とは異なり即戦力へ強く傾いていたようです。経験を買われ、2回目で内定を受け取ることができました。

行きたいと思う企業が大きな変化をみせた時は「チャンス」だと思っていいかもしれません。過去に面接で不合格にした人でも再選考してみようかという気持ちにもなりますし、そもそも不合格となった応募歴も残っていないかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか。

転職において「再応募」することは可能で、基本的には自由です。ただし、次の選考で合格できるかどうかの保証はありません。それは期間を空けたとしても同じです。

転職エージェントのアドバイザーから紹介された場合、再応募についてはアドバイザーとよく相談してみてください。

短期間で何度も応募を繰り返すようでは、企業からも冷ややかな目で見られます。その熱意は認められるかもしれませんが、やっぱり熱意だけでは仕事はできません。肝心な経験・スキルだけでなく、コミュニケーション能力などソフト面も磨いておかなければ成功は厳しいかもしれません。

「あの時に自分を採用しなかったことを後悔させてやる」というほどの気概を持って、現職に取り組み、一回り成長した自分の姿を見せてやりましょう。

次こそ「転職」で成功を掴みたい人のために

元トヨタホームの営業マンだった菊原智明さんが書かれた本です。

簡単に言えば、「デキる人」の風貌、立ち振る舞い、喋り方を研究し、それを自分も真似をすることで転職は成功するということです。面接とは非日常であり、1時間程度のお見合いです。その1時間で、面接官側に「こいつはやってくれるに違いない」と思わせることが出来れば勝ちでしょう。

The following two tabs change content below.
Gon
キャリアクエスト運営責任者。 20代のうちに転職を3回経験し、現在4社目。自身がキャリアに悩み、転職を繰り返した経験をベースに、同じようにキャリアへ悩む20代、30代に向けてキャリア開発支援、転職支援を行いたいと考えている。

記事が気に入ったら
キャリアクエストを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

キャリアクエスト|なりたいキャリアをみつけるブログ

ピックアップ記事

  1. IT、Web業界でエンジニアとしてキャリアを積んでいきたい人が知っておきたい業界…
  2. 【永久保存版】これから転職活動を始める人が絶対に知りたい「転職理由の組み立て方」…
  3. 孤独な転職活動の強い味方!転職エージェントへ登録して理想のキャリアをみつける
  4. 面接後の心理状態を解消!?「合格」と「不合格」を判別するサインとは?
  5. 【転職初心者向け】初心者もこれで安心!転職したいと思った時、何をするか?

関連記事

  1. 4人に1人が転職を後悔?転職で後悔しないためにはどうすればよいかを考える

    転職

    4人に1人が転職を後悔?転職で後悔しないためにはどうすればよいかを考える

    Gonです。もうすぐ夏がやってきます。この時期でも、就活や転職活動…

  2. 面接後の心理状態を解消!?「合格」と「不合格」を判別するサインとは?

    転職

    面接後の心理状態を解消!?「合格」と「不合格」を判別するサインとは?

    Gonです。私はこれまでの転職活動で沢山の面接を経験してきまし…

  3. 第二新卒のすゝめ「第二新卒も悪くない」と思う理由

    新卒・第二新卒

    第二新卒のすゝめ「第二新卒も悪くない」と思う理由

    Gonです。就職活動中、企業からよく「3年後離職率」のように若…

  4. 【転職初心者向け】初心者もこれで安心!転職したいと思った時、何をするか?

    転職

    【転職初心者向け】初心者もこれで安心!転職したいと思った時、何をするか?

    Gonです。新年度も始まり、もうすぐGWを迎えます。今まさに転職を…

  5. 今すぐ転職を考えていない方も!情報収集を目的とした転職活動で自分の市場価値を知る?

    転職

    今すぐ転職を考えていない方も!情報収集を目的とした転職活動で自分の市場価値を知る?

    Gonです。このブログの読者のなかには、今まさに転職活動を始めよう…

  6. 転職で応募書類が通らないと嘆く前にもう一度見直したい7つのポイント

    応募書類対策

    転職で応募書類が通らないと嘆く前にもう一度見直したい7つのポイント

    Gonです。第二新卒を含む転職活動において、最初の関門となるのが「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 幅広くバランスのよい能力が求められるWebディレクターの転職
  2. 他社でも通用する?技術者・エンジニアの市場価値を決める7つの要因
  3. 【永久保存版】これから転職活動を始める人が絶対に知りたい「転職理由の組み立て方」
  4. 入社したばかりの企業を退職したい!「第二新卒」と「既卒」、どちらを選ぶべきか
  5. 【地元就職・地域密着】ハローワークを理解し、駆使することで転職の目的は果たされる
  6. IT、Web業界でキャリアを積んでいきたい人が知っておきたい業界事情
  7. 人は見た目が一番大事!?見た目を鍛え、印象を良くすることで「成功」をグッと手繰り寄せる
  8. イクメンこそ男の夢!?男性の育児休暇取得について真剣に考えてみる
  9. 【就活生必読】具体例で分かる!就活生が書いたエントリーシートの志望動機を社会人が見て思う4つのこと
  10. キャリアやスキルを伸ばす絶好のチャンス!?海外で働くための方法は一つではない

過去の記事

  1. 転職市場に技術者に求められる「ソフトスキル」(コミュニケーションスキル編)

    キャリア

    転職市場で技術者に求められる「ソフトスキル」(コミュニケーションスキル編)
  2. 入社したばかりの企業を退職したい!「第二新卒」と「既卒」、どちらを選ぶべきか

    新卒・第二新卒

    入社したばかりの企業を退職したい!「第二新卒」と「既卒」、どちらを選ぶべきか
  3. 第二新卒こそ「転職理由」が見られる!経験者だから分かる「転職理由」はポジティブに!

    新卒・第二新卒

    第二新卒こそ「転職理由」が見られる!経験者だから分かる「転職理由」はポジティブに…
  4. 研究したい・・・?研究者というキャリアについて

    キャリアインタビュー

    研究したい…?研究者というキャリアについて
  5. 4人に1人が転職を後悔?転職で後悔しないためにはどうすればよいかを考える

    転職

    4人に1人が転職を後悔?転職で後悔しないためにはどうすればよいかを考える
PAGE TOP