[エージェントを使わずに転職を決めた人に]実例70万円アップ!誰も教えてくれない年収交渉のコツ

年収交渉

【エージェントを使わずに転職を決めた人へ】実例70万円アップ!誰も教えてくれない年収交渉のコツ

GONです。

「収入アップ」

これはサラリーマンにとって永遠のテーマではないでしょうか。

仮に月収が2万円上がれば、年間では24万円の年収アップです。

待遇に不満を抱えて転職する人も多いのも現実。年収が上がれば生活にゆとりが生まれたり、増えた分は将来の備え(貯蓄)に回すこともできます。

かつて私は転職エージェントを利用せずに転職サイトを通じて応募した企業から内定を受け、内定時に提示された年収に納得いかず、年収交渉をすることにしました。

今回は、その時の体験談をもとに記事として、そのハウツーをお伝えします。

エージェントを使わなかった人の年収交渉

もし転職エージェントを利用して転職先を決めたのであれば、年収交渉は転職エージェントのアドバイザーが代理人として、あなたに代わって行います

しかし、転職エージェントを一切利用せず、冒頭の私のようにリクナビNEXTなどの転職サイトを通じて転職先を決めた場合は誰が行うのでしょうか。

その答えは、当然、自分で行うことになります。

先に企業から提示された年収が満足のいくもので、納得が得られたならば必要ないですが、その金額に満足できず、少しでも上げて欲しいと願うのであれば年収交渉を自分で行うしかありません。

従って、年収交渉を自分でしたくないのであれば、転職エージェントを利用してプロのアドバイザーに頼ることをおススメします

転職活動というのは内定を取るための活動ではありません。

転職の目的は人それぞれですが、もしも待遇に不満を抱えたまま入社を決め、入社後に再転職となる場合もあると思います。従って、転職先の年収を決める年収交渉は大切なプロセスです。100%希望通りとはなりませんが、少しでも希望に近づけるには企業と直接交渉をしなければなりません。

 

面接で聞かれる年収

面接で年収について質問されることがありますが、ここでの金額はあくまで参考程度と思ってもらって差し支えないと思います。通常、一次面接もしくは最終面接に人事系社員が面接に同席し、年収を含めた労働条件について質問を受けます。企業によっては、最終面接後に人事面談を行い、そこで労働条件の確認をする場合もあります。

面接中は緊張するため、つい本音を言えず、むしろ好印象を持たれたいと「少し低めに言ってしまった!(もっと上げたいのに…)」としても大きな問題ではありません。

企業から予定年収が提示されるのは、オファーの時、つまり内定後となります。内定したということは、面接に合格し、既に一定の評価を受けているからです。従って、年収交渉では気持ちを強く持ちましょう。

実際、転職後の年収が確定するのは、内定を受け取ってから承諾するまでの期間です。この期間で交渉しなければ、企業が労働条件通知書に記載した金額が転職後の年収(予定)となります

面接中の会話というのは、この正式な書面に記載する年収を決めるための参考資料だったわけです

 

年収交渉について

人にお金の話(給料上げて~)をすることに抵抗ありませんか?私は抵抗がありました。

しかし、繰り返しとなりますが、この期間に年収交渉をしなければ、提示された年収のままとなります。抵抗がある人も、勇気を振り絞って企業に自分の意思と希望を伝えなければなりません。

極端な話ですが年収500万の人が年収1000万にして欲しいと年収交渉するのは明らかに無理があります。ここまで極端な例では分かりませんが、通常、年収交渉をしたからと言って内定が取り消されることはありません。年収は仕事に対するモチベーションにも繋がりますし、仕事以外の生活にも関わります。

基本的には、年収交渉をするうえでベースとなるのは「現在の年収」となります。

「現在の年収」というのは、現職の企業が算出した「適正年収」であるとも言えるからです。その金額を基準に、各社の給与テーブル・給与水準・バランスを鑑みて決定されます。もしも転職によって、役職が付与されるのであれば、責任が上がるため年収アップは期待できるかと思います。

転職活動中、転職エージェントのアドバイザーから年収について伺ったことがありますが、「転職によって年収が上がる人よりも、現状維持(横ばい)やむしろ下がる人が圧倒的に多い」ようです。これは転職によって社内の評価が一度ゼロになるためだと思います。

 

給与規定・昇給テーブルは企業によって異なる

年収交渉の具体的な方法に入る前に、基本的なことをおさらいしておきます。

まず企業によって給与規定(給与水準)や昇給テーブルは異なるし、それは給与水準は業界によっても変わるということです。

つまり、以下の状況も起こります。

給与水準が高い(給与水準が高い業界、高給な企業・職種)会社に在籍している人が、給与水準の低い会社へ転職するケースでは、必ずしも現在の年収が維持されるかと言われると、それは厳しいかもしれません。私も、外資系から現職の日系企業へ移る時には年収は少しダウンしました。

ケーススタディとして、平均年収800万円、平均年齢39歳の会社に、現在の年収800万円、31歳の人が転職したとします。

31歳の時点で新しい会社の平均年収相当を貰っているわけですから、この場合、前職の給与規定と新しい会社の給与規定が水準が合ってないと考えられます。転職をすれば給与規定は当然、新しい会社の給与規定に準じて年収が算出されるので、この場合は良くて現状維持、場合によっては年収ダウン、それも大幅ダウンとなるかもしれません。逆に39歳で300万円の人が前述の会社へ転職をしたならば、それこそ100万円以上の年収アップ事例もあると思います。

年収というのは、このように様々な要素が絡んで決定されます。

 

年収交渉体験談

これは私の体験談です。

WEBの転職サイトで見つけた求人から外資系企業へ転職を決めました。最初の転職では、インテリジェンスのDODA転職サービスを利用したため、内定後の年収交渉はアドバイザーが代わりに行ってくださいました。転職エージェントを使わず転職したのは初めてでした。

たまたま知り合いに某転職エージェントで勤務される方がいたので、年収交渉に臨む前に「どのようにしたら年収アップが実現するか」と相談することができました。「しかし、厳しいよ、期待しないで」とネガティブなことも言われていたので、それがかえって良かったかもしれません。気負わずに年収交渉することができました。

 

考え方1:釣った魚のエサは安ければ安い方がいい

分かりやすいように例を挙げてみます。

海を転職市場とし、その中で泳ぐ魚を求職者・転職希望者とします。企業は釣り人です。企業は、苦労の末に自社に見合った魚(内定者)を釣り上げることに成功しました。しかし、喜びもつかの間、釣った魚にはこれからエサを与え続けなければなりません。その釣り人の自宅には、他にも釣った魚がいます。既に多くの魚を飼っていて、エサも毎日山のように与えています。

この魚のエサというのは、安ければ安い方がいいでしょう。何故なら、高いエサを与えていると毎日の負担が増え、家計を圧迫するからです。エサ代というのは、釣り人からしたら大きなコストです。

そこで、釣り人である企業は釣った魚である内定者に、安めの金額でオファーを出します。安めの金額とはいえ、常識の範囲内であり、現在の年収に基づいた金額だと思われます。

 

考え方2:見えないレンジがある

実は、その金額にははっきりとは見えませんがレンジがあります。レンジは範囲です。

また例を挙げて説明します。

現在の年収が500万円とし、仮にレンジを±50万円とします。釣り人である企業は、エサは安ければ安い方が嬉しいため、レンジの下限値の450万円でオファーを出すイメージです。このオファーとは「うちに来てほしい」と企業が内定者に申し出る時の言葉です。企業から見たら内定者が450万円で受け入れたら「安い買い物」、500万円で受け入れたら「値段相応」、550万円で受け入れたら「高い買い物」となります。レンジの上限値の550万円では高い買い物とはなるものの、一応企業からしたら許容範囲ということになります。

この例で仮に600万円で交渉をすれば、企業側も渋った顔をすると思います。自分の現在の年収、キャリア、経験やスキルから、適正年収を考えてみましょう。
 

How to 年収交渉

年収交渉の初めのステップですが、労働条件通知書で提示された金額を見て「納得できるか、できないか」を決めます。

「納得できる」のであれば、内定を承諾し、早めに退職活動や入社準備へと移ります。

もしも「納得できない」のであれば、年収交渉が始まります。まずは希望金額を人事系の社員(例えば、採用担当者など)へ伝えることから始まります。

この希望金額ですが、必ず妥当性がなければなりません。妥当性と言いましたが、もっと簡単に言うならば年収を上げて欲しいと考える理由となります。

年収UPを希望するならば、自分自身がその希望金額を受け取るに相応しい人材であることを企業側に根拠と合わせて示さなければなりません。それは、これまでのキャリア・資格・経験・スキル等になります。

しかし、理屈では理解できますが、これが簡単にはいかず、難しいとされる理由があります。

それは、これまでの選考において自分自身を売り込むことは散々してきたわけであり、その結果より内定を受けて、年収が提示されています。実際に交渉をしてみないことには分かりませんが、ここで再度自分を売り込んだとしても大幅な年収アップは見込めないかもしれません。

それでも、交渉中に示す根拠に妥当性があれば、企業側も年収について再考すると思いますし、大幅な年収UPも見込めることでしょう。

 

レンジと妥協点

繰り返しになりますが、レンジは企業側が許容できる金額の範囲といえます。

魚の例では、エサとして安いミミズを与えておきながら、「最高級のエサであるウニを求められたら厳しいが、その次に贅沢なカニくらいなら出してもいいかな」、と釣り人である企業は裏では考えています。

つまり、初めに提示された金額というのはレンジの下限値とみなすことができ、それより下がることはありませんが、年収アップしたとしても上り幅が決まっているのが現実です。提示された年収が500万ならば、レンジ上限は600万円までと企業側は決めています。もちろんそれは内定者へ開示されません。

このレンジですが、±0であることも十分考えられます。給与水準があまりに違えば、企業からのオファー金額で妥協するしかありません。

私が考えるに、年収交渉ではこのレンジを読む力が大切になります。

先ほどの例ではレンジ上限が600万円であるにも関わらず、希望金額として800万円と伝えるのはナンセンスです。自分の市場価値を正しく評価したうえで、希望金額を伝えて交渉に入るようにしましょう。

次は妥協点です。

提示された年収が500万円、レンジを500~600万円の人を例にします。内定者は「500万円では少し納得できないが、さすがに50万の値上げを申し出るには根拠が見つからない。それでも、経験やキャリア、役職・資格等を根拠に20万円を上げて欲しい。 」と伝えたとします。企業としては、500万~600万円のレンジのなかでは「買い」だったわけですから、20万円の年収アップであれば企業側もその条件を飲むことが想定されます。そして、妥協点として520万円で交渉は落ち着くと思われます。この交渉が成功すれば、年収20万円のUPとなります。

妥協点というのは、このようなイメージです。双方の意見がぶつかると結局、その間の金額に落ち着くことがあります。それが妥協点です。

 

70万円の年収アップに成功

私の場合ですが、まず現職の年収を伝え方を工夫しました。

在籍した3年間の年収を比べた時に、2年目の時の年収が高かったので、その年の源泉徴収票と直近の給与明細3か月分を企業へ提出しました。時間外手当(残業代)で年収が変動していたので、最も忙しくて残業を多くしていた年度を「現在の年収」とできないかと交渉しました。

それでも、初めに企業側から伝えられた年収は、ダウン提示でしたので、正直、その金額では納得がいきませんでした。そして、年収交渉を開始しました。

  • 家賃水準のアップ(都会は家賃が高いため)=生活で使えるお金が実質減る=年収ダウンと同じ
  • 車を所持しているから駐車場代が別途かかる=上記と同じ理屈で年収ダウン(これは今、振り返れば自己都合なので言わない方がいいです)
  • 活躍するためには自己啓発が必要=年収ダウンでは生活にゆとりがなくなり自己啓発が後回しになる

これまでのスキルや経験等も材料としましたが、それ以外にも生活水準の低下も材料とし、交渉しました。私の場合、月々の給与が大幅減で、ボーナスを含めて微減であったので、交渉としては「月○万円上げて欲しい」と月給をメインに行いました。月給が上がったことで基本給が上がり、ボーナスも上がって、結果的に70万円の年収アップに成功しました。

希望金額には少し届きませんでしたが、納得がいく金額となったので内定を承諾し、入社を決意しました。外資系であったので、インセンティブが付与されていて、目標達成度に応じては更なる年収UP(100万円以上)が期待できました。

 

まとめ

いかがでしたか。

年収交渉では、希望金額を伝える際には根拠となる理由も添えるようにしましょう。あとは、話の中で許容幅と妥協点を見抜いて、少しでも希望する金額に近づくように慎重に交渉しましょう。

私は自力で年収交渉へ臨む前に、転職エージェントの知人にアドバイスを受けていました。そのアドバイスを下記の記事で開示していますので、合わせてお読みいただければと思います。

年収交渉でお困りのことがあれば、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

 

関連:DODAに登録して年収査定を受ける

インテリジェンスが運営するDODAでは、年収査定としてあなたの適正年収を調べるサービスを提供しています。このサービスでは、186万人の転職者ビッグデータに基づき、機械学習より高精度に算出します。

自分自身の適正年収を知ることは大切です。DODAエージェントサービスへ登録して、自分の年収査定を受けてみましょう。

DODAエージェントサービスへ登録して年収査定を受ける

The following two tabs change content below.
Gon
キャリアクエスト運営責任者。 20代のうちに転職を3回経験し、現在4社目。自身がキャリアに悩み、転職を繰り返した経験をベースに、同じようにキャリアへ悩む20代、30代に向けてキャリア開発支援、転職支援を行いたいと考えている。

記事が気に入ったら
キャリアクエストを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

キャリアクエスト|なりたいキャリアをみつけるブログ

ピックアップ記事

  1. IT、Web業界でエンジニアとしてキャリアを積んでいきたい人が知っておきたい業界…
  2. 孤独な転職活動の強い味方!転職エージェントへ登録して理想のキャリアをみつける
  3. 【理系の進路】バイオ系に進む?バイオ系が就職でぶち当たる問題とは
  4. 【転職初心者向け】初心者もこれで安心!転職したいと思った時、何をするか?
  5. 【永久保存版】これから転職活動を始める人が絶対に知りたい「転職理由の組み立て方」…

関連記事

  1. 後悔で成功を手にしたければ「手段を目的としないことだ

    転職

    転職で成功を手にしたければ「手段を目的としないことだ」

    Gonです。後悔しない転職をするためにすべきことを考察してみます。…

  2. 孤独な転職活動の強い味方!転職エージェントへ登録して理想のキャリアをみつける

    転職

    孤独な転職活動の強い味方!転職エージェントへ登録して理想のキャリアをみつける

    Gonです。私もそうでしたが、誰もが最初は初心者です。「転職に…

  3. 【転職初心者向け】転職することで失うものについて考えてみました

    転職

    【転職初心者向け】転職することで失うものについて考えてみました

    Gonです。転職は「転(ずる)職」と書きます。転ずる・・・、つまり…

  4. 4人に1人が転職を後悔?転職で後悔しないためにはどうすればよいかを考える

    転職

    4人に1人が転職を後悔?転職で後悔しないためにはどうすればよいかを考える

    Gonです。もうすぐ夏がやってきます。この時期でも、就活や転職活動…

  5. [筆記試験対策]軽んずるなかれ!中途採用でも行われる性格適性検査を攻略しよう!!

    筆記試験対策

    【筆記試験対策】軽んずるなかれ!中途採用でも行われる性格適性検査を攻略しよう!

    Gonです。就活では、企業へのエントリーの時点や面接など選考プ…

  6. 第二新卒のすゝめ「第二新卒も悪くない」と思う理由

    新卒・第二新卒

    第二新卒のすゝめ「第二新卒も悪くない」と思う理由

    Gonです。就職活動中、企業からよく「3年後離職率」のように若…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 幅広くバランスのよい能力が求められるWebディレクターの転職
  2. 他社でも通用する?技術者・エンジニアの市場価値を決める7つの要因
  3. 【永久保存版】これから転職活動を始める人が絶対に知りたい「転職理由の組み立て方」
  4. 入社したばかりの企業を退職したい!「第二新卒」と「既卒」、どちらを選ぶべきか
  5. 【地元就職・地域密着】ハローワークを理解し、駆使することで転職の目的は果たされる
  6. IT、Web業界でキャリアを積んでいきたい人が知っておきたい業界事情
  7. 人は見た目が一番大事!?見た目を鍛え、印象を良くすることで「成功」をグッと手繰り寄せる
  8. イクメンこそ男の夢!?男性の育児休暇取得について真剣に考えてみる
  9. 【就活生必読】具体例で分かる!就活生が書いたエントリーシートの志望動機を社会人が見て思う4つのこと
  10. キャリアやスキルを伸ばす絶好のチャンス!?海外で働くための方法は一つではない

過去の記事

  1. [業界研究]不況に強い?高給?将来性は?さぁ、製薬業界について学ぼう(基本編)

    メディカル業界

    【業界研究】不況に強い?高給?さあ、 製薬業界について学ぼう(基本編)
  2. 「就活エージェント」に着目した「ココリク」が他の類似比較サービスと目の付け所が違う理由

    大学生向け

    「就活エージェント」に着目した「ココリク」が他の類似比較サービスと目の付け所が違…
  3. 【メンタルヘルス】仕事で抱えている見えないストレスの倒し方

    お役立ち

    【メンタルヘルス】仕事で抱えている見えないストレスの倒し方
  4. 外資系企業の就業経験から語る!「外資系企業で働くという視点」

    キャリア

    外資系企業の就業経験から語る!「外資系企業で働くという視点」
  5. 転職力をアップさせる方法は「成功体験・成功事例」を賢く活用することだ!

    転職

    転職力をアップさせる方法は「成功体験・成功事例」を賢く活用することだ!
PAGE TOP