今すぐ転職を考えていない方も!情報収集を目的とした転職活動で自分の市場価値を知る?

転職

今すぐ転職を考えていない方も!情報収集を目的とした転職活動で自分の市場価値を知る?

Gonです。

このブログの読者のなかには、今まさに転職活動を始めようと思って、転職サイトや転職エージェントへの登録を済ませた方もいらっしゃると思います。

転職活動と言っても、その本気度は人によってマチマチです。今後のキャリアを考えるうえで、情報収集はしておいて損はないでしょう。

実を言うと、転職活動では内定まで最速で1か月、入社までなら最速で2か月程度です。大手企業や人気職種では選考に時間がかかりますが、それでも3か月程度で入社となります。

転職活動のエンジンがかかっていないままに面接を受けたら合格して、焦っているという人もいるくらいです。想像以上に早く進みますし、実際に内定が出たら、たったの1週間で入社するか・辞退するかを決めなければなりません。

今すぐには転職は考えていないけど、近い将来可能性があるかもしれないという方に向けて、「情報収集を目的とした転職活動」について、その方法をお伝えしたいと思います。

この方法により、今、転職市場にどのような企業から、どのような職種の求人が出ているかを把握できます。そして、それらの企業はどのような経験を積んだ人を求めているか、それを確認するのです。

情報収集を目的とした転職活動

実は、この方法は真新しくもなく、「情報収集を目的とした」転職活動は多くの人が既に実践しています。

転職活動をする、というのは必ずしも企業へ応募する決まりなどありません。自分自身が転職へ向けて動き出していたならば、それは転職活動と言えると思います。

企業へ応募し、仮に書類通過をすれば、次は待ったなしで面接です。「転職しようかな?くらいにしか考えていない人にとっては、心の準備ができないまま面接に呼ばれ、そのスピード感についていけなくなることもあります。もしも企業へ応募し、書類選考に合格し、面接へ呼ばれたとしたら「辞退」だけは避けたいです。将来において、その企業と縁がなくてもいいと考えれるならば辞退してもいいかと思いますが、近い将来、その企業で働きたいと思うのであれば辞退は避けます。

従って、企業へ応募してしまうと、面接に呼ばれることを想定しておかなければなりません。一年後くらいに転職できればと考えているならば、絶対に応募してはなりません。内定を受け取ったら企業は待てて、1か月くらいだと思ってください。企業も計画性なしに採用活動をしません。人員計画に基づいて採用活動をしているため、内定承諾後に半年後に入社したいと申し出たならば、取り消しとなると思います。

 

求人情報を広く探せる仕組みを構築

情報収集を目的としているため、求人情報を広く探せるような仕組みづくりをすることが望ましいと思います。

転職エージェントを利用する理由は、非公開の求人情報を入手するためです。また、自分で求人を探す手間が省けるのでおススメです。

自分自身は何をすればよいかというと、キャリアアドバイザーへ希望を伝え、届くメールの内容を確認するのみです。

とにかく「情報収集を目的とした」転職活動でのポイントは2点です。いかに楽するか、転職市場に存在する求人情報をなるべく多くかき集めることができるかだと思います。これらの条件を満たすのが「転職エージェント」です

転職エージェントを利用したことがない方も、この機会に登録してみるといいと思います。なるべく複数の転職エージェントへ登録するのがベターかと思います。

ただし、注意点としては、転職エージェントも慈善事業ではなく、ビジネスであるため、合格可能性が低い求人については紹介してもらえないケースもあります。

 

転職エージェントへ依頼する

転職エージェントを利用することをご提案しましたが、まずは自分の好きな転職エージェントへ登録すればいいと思います。

可能であれば、複数の転職エージェントへ登録しておきたいです。その理由ですが、転職エージェントと言っても、それぞれ個性があり、規模や保有求人数が異なるだけでなく、得意・不得意が異なるためです。外資系に強い転職エージェントもあれば、第二新卒や若手に強い転職エージェントなどです。

私の経験では、採用にコストをかけられる大手企業ほど、複数の転職エージェントを利用して効率的な採用をしていますから、求職者である私達も転職エージェントを利用し、求人情報を掴み損ねること、「漏れ」なく情報を収集します。

転職エージェントへの登録にあたっては、これまでの経歴やキャリアを伝える他に、希望条件を伝えなければなりません。登録にあたって、キャリアアドバイザーが気になることは次のことです。

  • 転職理由
  • 希望する業界
  • 希望する仕事内容
  • 希望する年収
  • 希望する勤務地
  • 希望する雇用条件(正社員・契約社員など)
  • その他、希望すること

 

いい求人があれば積極的に応募する

基本的にスタンスは応募しないことでしたが、しかしながら、自分自身にとっていい求人だと思えば積極的に応募していきましょう

求人というのは「生もの」なので、その時に応募しなければ次はいつ応募できるようになるかどうか分かりません。職種によっては中途採用すること自体が珍しく、欠員が出た時など限られている場合もありますから、チャンスだと思えば応募してみましょう。

有効なのは転職エージェントを利用することだと思います。自分で求人を探す手間が省けるだけでなく、非公開求人情報も得ることができます。転職エージェントを利用したことがない方も、この機会に登録してみるといいと思います。なるべく複数の転職エージェントに登録して、自分の希望条件を伝えておいて、後は求人情報を待つだけです。

 

求人情報に合わせて自分のキャリアや可能性を高めていく

まさに今回最も伝えたいと思った部分がここです。

転職エージェントを利用して、求人情報を広く探せる仕組みを構築できれば、今度は頂いた求人情報をよく見ます。

そこには企業からのニーズが必ず記載されています。そのニーズを自分自身が満たすかどうかを比べていけば、おのずと転職市場における自分自身の市場価値も把握できるかと思います。

最後に結論を述べれば、転職活動を本格的に開始する前に、転職エージェントにあらかじめ登録し、今、企業にはどのようなニーズがあるのかを把握することです。そして、自分に足りない部分は、現職で改めて鍛えるか、もしくはそれが達成できる企業へ移ることも視野に入れ、転職における企業選択の軸を変えてしまうのです。

敵を知ること、これこそが情報収集を目的とした転職活動の本質だと思います。

 

まとめ

いかがでしたか。

情報収集を目的とした転職活動についてお伝えしました。

転職活動において情報収集は大切な作業です。インターネットが情報収集の主流となった現在では、このブログのように転職活動に関する情報を提供しているサイトから情報を掴む人も多いと思います。

「転職したいけど希望する求人がない」という声を周りからも聞くことがあります。

それは単に求人情報を知らないだけなのか、自分自身の希望する条件と実際の求人情報がミスマッチしているだけなのか(自分の経歴・キャリアと不釣り合い、希望条件が高すぎるなど)、本当に転職市場に求人が出ていないのかのいずれかになると思いますが、情報収集を全くしなければ、どのケースであるかは分かりません。

この記事で書いたように転職エージェントを上手に活用して求人情報をキャッチしましょう。近い将来、転職を考えてみようかと思う人は、まずは今回ご紹介した方法を試してみてください。早すぎるってことはないと思います。

The following two tabs change content below.
Gon
キャリアクエスト運営責任者。 20代のうちに転職を3回経験し、現在4社目。自身がキャリアに悩み、転職を繰り返した経験をベースに、同じようにキャリアへ悩む20代、30代に向けてキャリア開発支援、転職支援を行いたいと考えている。

記事が気に入ったら
キャリアクエストを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

キャリアクエスト|なりたいキャリアをみつけるブログ

ピックアップ記事

  1. 【理系の進路】バイオ系に進む?バイオ系が就職でぶち当たる問題とは
  2. 【転職初心者向け】初心者もこれで安心!転職したいと思った時、何をするか?
  3. 【永久保存版】これから転職活動を始める人が絶対に知りたい「転職理由の組み立て方」…
  4. 面接後の心理状態を解消!?「合格」と「不合格」を判別するサインとは?
  5. 【筆記試験対策】SPI3/SPI-G(WEBテスティングサービス)の攻略

関連記事

  1. 転職で応募書類が通らないと嘆く前にもう一度見直したい7つのポイント

    応募書類対策

    転職で応募書類が通らないと嘆く前にもう一度見直したい7つのポイント

    Gonです。第二新卒を含む転職活動において、最初の関門となるのが「…

  2. 【転職回数が多い人は要注意】転職回数が多い人のための転職ストラテジー

    転職

    【転職回数が多い人は要注意】転職回数が多い人のための転職ストラテジー

    Gonです。私と同じように転職慣れした「転職玄人」が次に転職を考え…

  3. [エージェントを使わずに転職を決めた人に]実例70万円アップ!誰も教えてくれない年収交渉のコツ
  4. 第二新卒こそ「転職理由」が見られる!経験者だから分かる「転職理由」はポジティブに!

    新卒・第二新卒

    第二新卒こそ「転職理由」が見られる!経験者だから分かる「転職理由」はポジティブに!

    Gonです。この春から社会人2年目、3年目となる方や、早いですが社…

  5. 【永久保存版】これから転職活動を始める人が絶対に知りたい「転職理由の組み立て方」

    転職

    【永久保存版】これから転職活動を始める人が絶対に知りたい「転職理由の組み立て方」

    Gonです。転職では、必ず押さえておくべき3つのポイントがあり…

  6. 【転職経験談】「メイテックネクスト」がものづくり系エンジニアを目指す人に選ばれる理由とは

    転職

    【転職経験談】「メイテックネクスト」がものづくり系エンジニアを目指す人に選ばれる理由とは

    Gonです。「ものづくり」に携わりたいと考えてエンジニア(技術…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 幅広くバランスのよい能力が求められるWebディレクターの転職
  2. 他社でも通用する?技術者・エンジニアの市場価値を決める7つの要因
  3. 【永久保存版】これから転職活動を始める人が絶対に知りたい「転職理由の組み立て方」
  4. 入社したばかりの企業を退職したい!「第二新卒」と「既卒」、どちらを選ぶべきか
  5. 【地元就職・地域密着】ハローワークを理解し、駆使することで転職の目的は果たされる
  6. IT、Web業界でキャリアを積んでいきたい人が知っておきたい業界事情
  7. 人は見た目が一番大事!?見た目を鍛え、印象を良くすることで「成功」をグッと手繰り寄せる
  8. イクメンこそ男の夢!?男性の育児休暇取得について真剣に考えてみる
  9. 【就活生必読】具体例で分かる!就活生が書いたエントリーシートの志望動機を社会人が見て思う4つのこと
  10. キャリアやスキルを伸ばす絶好のチャンス!?海外で働くための方法は一つではない

過去の記事

  1. 孤独な転職活動の強い味方!転職エージェントへ登録して理想のキャリアをみつける

    転職

    孤独な転職活動の強い味方!転職エージェントへ登録して理想のキャリアをみつける
  2. [理系の進路]バイオ系に進む?バイオ系が就職でぶち当たる問題とは

    キャリア

    【理系の進路】バイオ系に進む?バイオ系が就職でぶち当たる問題とは
  3. 転職市場に技術者に求められる「ソフトスキル」(コミュニケーションスキル編)

    キャリア

    転職市場で技術者に求められる「ソフトスキル」(コミュニケーションスキル編)
  4. 人は見た目が一番大事!?見た目を鍛え、印象を良くすることで「成功」をグッと手繰り寄せる

    転職

    人は見た目が一番大事!?見た目を鍛え、印象を良くすることで「成功」をグッと手繰り…
  5. [転職経験談]面接不合格となった企業への再応募は?できる?できない?

    転職

    【転職経験談】面接不合格となった企業への再応募は?できる?できない?
PAGE TOP