面接後の心理状態を解消!?「合格」と「不合格」を判別するサインとは?

転職

面接後の心理状態を解消!?「合格」と「不合格」を判別するサインとは?

Gonです。

私はこれまでの転職活動で沢山の面接を経験してきました。合格した面接もあれば、残念ながら不合格となった面接もありました。

例えば、面接中の面接官の何気ない行動や一言が実は「合格」のサインであったり、「不合格」のサインであったりするものです。

もちろんこれが全てとは言えませんが、面接直後から合否判明までの数日間、誰もが抱く「不安」な心理状態を少しでも解消できればと思い、以下にまとめました

これを読めば、面接後に一喜一憂することなく、必要な次なる行動へ移せるかもしれません。

そして、結果が分かるまでの期間というのは、一次面接か最終面接かによっても異なります。さらに、企業のその時の状況にもよるものです。だいたい面接から3営業日から一週間以内に合否の連絡は届くことが多いと思いますが、私の経験から最も長かった企業で三週間以上かかったこともありました(結果は合格)。

それでは、本題へ移っていきます。

面接の合否はどのようにして決まるのか?

そもそも面接の合格・不合格は、どのような基準で、いつ決まるものでしょうか。

結論を先に言えば、その面接の場で決まる場合もあれば、後日決まる場合もあるのです。

①:その場で面接の合否が決まる

一次面接と最終面接で状況は変わりますが、面接の合否は、その場で決まる場合があります。

これまでの私の経験でも、その場で「合格」と言われ、最終面接の日時を案内をされたケースもありました(上場企業)が、これは稀なケースかと思います。

実際には、いくら面接をした時点で合否が出ているからと言って、すぐに結果を伝えられることはありません。

その場で合格・不合格が判明していたとしても、数日経ってからメール(または、電話)で連絡が届くものです。

 

②:後日、面接の合否が決まる

選考状況によっては後日、面接の合否が出る場合もあります。

この場合には面接が終わった後、すべての応募者の履歴書・応募書類の記載内容、面接時の印象・評価、仕事の適性、これまでの経験などを勘案して相対評価で「合格者」を決めることが多いです。従って、時間がかかります。

特に、大手企業の中途採用では、応募が殺到する場合もあるようですから、このパターンも必然的に増えていきます。大手企業に限らず、中堅企業・中小企業・ベンチャー企業でも、人気のポジションにも応募が殺到します。

転職活動をしていれば、「自分だけ」が選考に参加している気になりますが、実は見えないライバルというのが選考には何人も残っている可能性が高いのです。

 

③:合否連絡はどのような形で、いつ頃に届くのか

合否連絡というのは、基本的にメールで届くことが多いです。

また、転職エージェントを介して選考を受けた場合、転職エージェントのアドバイザーを通じての連絡となります。

期間に関しては、上記でもお伝えしたように、面接の場で合否が決まっていたとしても、合否連絡の目安は数日後となります。

早くて翌日、遅くても1~2週間程度です。平均的には3営業日程度という認識を持っておけばいいと思います。土日を間に挟む場合は、カウントせず「営業日」で考えてください。

何故、既に合否が出ていても最終的な連絡が遅くなるのかは、企業の状況にもよるため、必ずこうであるとは言いにくいものです。

中途採用の面接官は現場の責任者(配属先の上司や部長クラス)であることが多いため、当然、他の仕事をしながらの採用業務となります。採用業務より優先すべき業務があった場合、遅れることも考えられます。

あとは、他の応募者の面接が終わった時点で、一斉に合否連絡をするなど、企業の事情により異なることを心に留めておいてください。

 

合否連絡が届くまでの期間が長くなる場合は?

面接が終わってからというもの、1日に何回もメールボックスをチェックしてしまい、他のことに集中できないなんてこともあると思います。

連絡までにかかる時間は遅くても1~2週間程度と言いましたが、私の経験で過去に合否判別までに3週間程度かかった企業がありました。それは稀なケースですが、状況を伺うと面接を担当する面接官が2週間程度海外出張を挟んでいたこと、応募者が複数いたため選考期間が長期に渡ったことが原因でした。

つまり、私は出張前に面接を受けており、出張後に面接を受ける予定の他の応募者がいたため、その応募者の面接が終わるまで私の選考結果が出なかったということでした。結果としては、3週間後でも「合格」していましたので、期間が長いからと言って悲観しなくてもいいと思います

このように、他の応募者がいれば合否連絡は遅れますし、企業の内部事情によっても遅れます

また、場合によっては評価の高い合格者を先に次の選考に進ませて、一旦補欠合格のような形で保留となっており合否連絡が遅れるということもあるかもしれません。

面接後にたいていは「合否連絡」の時期や手段を伝えてくれると思いますが、もしも何もアナウンスがなければ、求職者側から「合否はいつ頃ご連絡いただけますか?」と尋ねてみてもいいと思います

 

合格を見極める4つのサイン

それでは、合格を見極めるサインについてお伝えします。

①:面接官から熱心に質問を受けた

合格する面接というのは、面接官も求職者に対してとても興味を持っています。このような面接では言葉では言い表せないような何とも言えない手応えを感じるものです。

某外資系製薬企業の面接を受けた時は、私に興味関心を持っていただいただけでなく、面接官側から自社の魅力であったり、今回の応募職種のPRを含めて熱烈なラブコールを受けました。これは「合格したな」と思っていたら、案の定、数日後に最終面接の案内を受け取りました。

 

②:面接とは名ばかりでほぼほぼ雑談だった

面接というのは本来非日常で、面接官から質問を受けて、答えていくような形で進んでいきますが、特に面接の後半に雑談になるパターンもあります。

これも合格している可能性が高いと思います質問から雑談に切り替わるということは、一定の評価を受けたことを示していて、合格を出すことが濃厚だと思います。

もちろん、雑談とは言え、面接であることには変わりないので、その会話の内容によっては合格が不合格となることも考えられるとは思います。雑談は、仕事に関係のあるものから、大学時代の話、出身地の話など、色々な話をしたことを覚えています。

 

➂:面接時に次の選考の具体的なアナウンスを受けた

面接時に次の選考について、具体的にアナウンスされたのであれば、それは合格の可能性が高いです。

私がこれまで受けた企業では、最終面接は〇月〇日の13:00~と決めていたようで、都合を聞かれました。最終面接に参加する役員や社長のスケジュール調整が困難であるため、企業によっては最終面接の日程をあらかじめ決めたうえで選考を開始するところもあります。

前述の企業では、面接が終わった時、少し席を外して欲しいと別室に案内されてから、面接に参加していた人事担当者がやってきて「次の選考は〇月〇日13:00~ですが、出席できますか?」と聞かれました。転職エージェントの紹介であったため、後日、アドバイザーから正式に合格通知を受け取りました。

 

➃:なごやかな面接だった

面接とは評価する側(面接官・企業)からの質問に対して、評価される側(求職者・自分)は自分の言葉で回答していきます。

質問に対する回答が矛盾していたり、論理性や具体性に欠いていれば良い評価は受けられず、面接官も鋭い指摘をしたり、段々とイライラし、それが表情へと表れていくものだと思います。しかし、なごやかな面接というのは、だいたいですが面接官からの質問に対して矛盾もなく、論理的かつ具体的に想定の範囲内の回答ができていると考えられます。従って、面接官も前者の時とは違い、段々と笑顔になっていき、場もなごんでいきます。

面接の雰囲気が、なごやかであれば、これもほぼほぼ合格していると思います。

 

不合格を見極める7つのサイン

合格を見極めるサインより、不合格を見極めるサインの方が分かりやすいかもしれません。

①:面接中に面接官が別の仕事を始めたり、退屈そうに寝ていた

某大手製薬企業の面接で10分間のプレゼンをしていた時に、一人の面接官が大きなあくびをし、寝始めました。失礼極まりないと思いますが、面接は対等ではなく、選ぶのは企業です。企業側の求めるレベルのプレゼン内容ができなければ、企業からしたら生産性のない無駄な時間となります。

 

②:興味を持っていないことが丸わかり

上記と似ていますが、面接で受ける質問に熱意が感じられず、とりあえず時間になるまで適当に当たり障りのない質問でもしておくか、という考えが見え見えです。

質問に対して回答しても、ただただ頷くだけで、追加で質問をしてこないような場合は、おそらく興味を持ってもらえていないということでしょう。

 

③:面接で説教された

自分の考えと合わなかったのか、急に面接官が怒りを露にして説教をしてきた面接がありました。説教自体は、的を射ていたので良かったのですが、急に面接官が説教をしてきたら不合格である可能性が高いです。

しかし、面接で合格となり、採用を決めたから「教育」という意味を込めて、面接で説教をしたことも考えられます。一次面接であれば、最終面接では考え方を修正して欲しいからという意味を込めているとも言えます。それでも、面接と言う場面で説教するくらいですから、不合格が濃厚かと思います。

 

④:面接が予定終了時刻より早く終わった

面接のスケジュール調整のなかで、面接時間の案内を受けます。14:00~15:00と予定時刻がなっていたのに、30分前には面接が終わったとなれば、上記と同様に興味を持ってもらえなかったということでしょう。

面接官も他の仕事で忙しい中、貴重な時間を割いて面接をしています。面接中に不合格だと判断したならば、面接も予定時刻よりも早めに終わらせてしまうでしょう。

 

⑤:面接の最後に「ご苦労さまでした」と言われる

面接が終わって、最後に面接官から「ご苦労さまでした」なんて言われたら落ちたなって思ってしまいます。

面接官の心理として、面接は落とすけど、印象を悪くしてもらいたくないという気持ちから精一杯のフォローとして飛び出た発言なんだと思います。

「ご苦労様でした」や「お疲れ様でした」は「もう選考が終わりました」という合図だと感じています。

 

⑥:次の選考の案内が一切ない

合格を見極めるサインで次の選考の案内を面接中に具体的に受け取るということを挙げましたが、反対に次の選考の案内が一切ない場合は不合格かもしれません

次の選考が決まっていて、少しでもその当落線上にあるのであれば、次の選考の案内くらいはするとは思いますが、その説明がないということは次の選考を受けさせるつもりはないということだと思います。

 

⑦:面接官から鋭い指摘を受けたり、回答が支離滅裂になった

面接中に面接官から矛盾を指摘されたり、答えに困るような質問をされて答えたが回答が支離滅裂だった場合は不合格でしょう。

面接は非日常で緊張してしまうことは百も承知ですが、仮に面接で論理的に回答ができなければ、普段の仕事でも回答ができないと評価されても言い訳ができません。面接中にしどろもどろになり、変な汗が出て、回答に詰まったのであれば…このパターンかもしれません。

 

合格に感じたけど不合格だったサイン

最後に、てっきり合格のサインだと勘違いした不合格のサインです。

その企業は面接が先に40分、20分が筆記試験というスケジュールでした。先の面接が終わって筆記試験の会場へ移るときに、面接官から「筆記試験、頑張ってください」と言われたことがありました。

この時、意外にも応援されたことで「え?合格か?」と思ってしまいました(つまり、面接は合格で、あとは筆記試験の結果次第であると理解しました)。しかし、結果は不合格でした。

面接官からの思わせぶりな言葉も不合格のサインかもしれません。一時でも、「合格している?」と思ってもらった方がその企業の印象はいいと思いますので、リップサービスのようなものでしょうか。

あとは、年収について聞かれたからと言って、合格しているとは限りません。年収を聞くのは、あくまでも形式的なものなので、意識する必要はないでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

面接の合否連絡の基本的な事項から、面接後に合格と不合格を判別するサインについてご紹介しました。

面接後は誰もが不安であるし、落ち着かないでしょうが、「果報は寝て待て」という言葉があるように、済んでしまったことをあれこれ考えるよりかは、別のこと、例えば応募書類を見直してみるなど、もっと役に立つことに時間と労力を割いた方が建設的かと思います。

ご紹介したサインをもとに、面接後の心理状態が解消されるならば大変嬉しく思います。

 

“なりたいキャリアをみつける”ために

キャリアクエストが厳選した新卒・転職サイト/サービスをご紹介します。

The following two tabs change content below.
Gon
キャリアクエスト運営責任者。 20代のうちに転職を3回経験し、現在4社目。自身がキャリアに悩み、転職を繰り返した経験をベースに、同じようにキャリアへ悩む20代、30代に向けてキャリア開発支援、転職支援を行いたいと考えている。

記事が気に入ったら
キャリアクエストを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

キャリアクエスト|なりたいキャリアをみつけるブログ

ピックアップ記事

  1. 【転職初心者向け】初心者もこれで安心!転職したいと思った時、何をするか?
  2. 【筆記試験対策】SPI3/SPI-G(WEBテスティングサービス)の攻略
  3. 面接後の心理状態を解消!?「合格」と「不合格」を判別するサインとは?
  4. 【理系の進路】バイオ系に進む?バイオ系が就職でぶち当たる問題とは
  5. 孤独な転職活動の強い味方!転職エージェントへ登録して理想のキャリアをみつける

関連記事

  1. 【永久保存版】これから転職活動を始める人が絶対に知りたい「転職理由の組み立て方」

    転職

    【永久保存版】これから転職活動を始める人が絶対に知りたい「転職理由の組み立て方」

    Gonです。転職では、必ず押さえておくべき3つのポイントがあり…

  2. 【転職初心者向け】初心者もこれで安心!転職したいと思った時、何をするか?

    転職

    【転職初心者向け】初心者もこれで安心!転職したいと思った時、何をするか?

    Gonです。新年度も始まり、もうすぐGWを迎えます。今まさに転職を…

  3. 入社したばかりの企業を退職したい!「第二新卒」と「既卒」、どちらを選ぶべきか

    新卒・第二新卒

    入社したばかりの企業を退職したい!「第二新卒」と「既卒」、どちらを選ぶべきか

    Gonです。今年の4月に新卒入社した企業を退職したいという悩み…

  4. 【転職経験談】名門企業・旭硝子のキャリアマッチング採用に応募してみたよ

    転職

    【転職経験談】名門企業・旭硝子のキャリアマッチング採用に応募してみたよ

    Gonです。大手企業を中心に独自の方法で中途・経験者採用をする会社…

  5. 現役転職エージェントが教えてくれた「年収交渉で困らないための極意」とは

    年収交渉

    現役転職エージェントが教えてくれた「年収交渉で困らないための極意」とは

    Gonです。「年収を上げたい」、これは働く者として誰もが同じよ…

  6. [転職回数に悩む20代・30代へ]転職回数より大切なのはブレのない骨太な軸である

    20代後半

    【転職回数に悩む20・30代へ】転職回数より大切なのはブレのない骨太な軸である

    Gonです。20代のうちに初めて転職を経験する方は多いですが、2回…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 幅広くバランスのよい能力が求められるWebディレクターの転職
  2. 他社でも通用する?技術者・エンジニアの市場価値を決める7つの要因
  3. 【永久保存版】これから転職活動を始める人が絶対に知りたい「転職理由の組み立て方」
  4. 入社したばかりの企業を退職したい!「第二新卒」と「既卒」、どちらを選ぶべきか
  5. 【地元就職・地域密着】ハローワークを理解し、駆使することで転職の目的は果たされる
  6. IT、Web業界でキャリアを積んでいきたい人が知っておきたい業界事情
  7. 人は見た目が一番大事!?見た目を鍛え、印象を良くすることで「成功」をグッと手繰り寄せる
  8. イクメンこそ男の夢!?男性の育児休暇取得について真剣に考えてみる
  9. 【就活生必読】具体例で分かる!就活生が書いたエントリーシートの志望動機を社会人が見て思う4つのこと
  10. キャリアやスキルを伸ばす絶好のチャンス!?海外で働くための方法は一つではない

過去の記事

  1. 【研究者への第一歩】研究概要を書くうえで絶対に押さえておきたいポイントとは?

    大学生向け

    【研究者への第一歩】研究概要を書くうえで絶対に押さえておきたいポイントとは?
  2. 【メンタルヘルス】仕事で抱えている見えないストレスの倒し方

    お役立ち

    【メンタルヘルス】仕事で抱えている見えないストレスの倒し方
  3. 研究したい・・・?研究者というキャリアについて

    キャリアインタビュー

    研究したい…?研究者というキャリアについて
  4. [キャリア]視点を変える!「会社に雇われない生き方」

    キャリア

    【キャリア】視点を変える!「会社に雇われない生き方」
  5. 【副業に最適?時給1万以上も!?】スポットコンサル、ビザスクが今人気の理由とは

    関連記事・サービス紹介

    【副業に最適?時給1万以上も!?】スポットコンサル、ビザスクが今人気の理由とは
PAGE TOP