入社したばかりの企業を退職したい!「第二新卒」と「既卒」、どちらを選ぶべきか

新卒・第二新卒

入社したばかりの企業を退職したい!「第二新卒」と「既卒」、どちらを選ぶべきか

Gonです。

今年の4月に新卒入社した企業を退職したいという悩みを持つ方も多いはず。早々に見切りをつけて、転職などで新しい企業へ移ることもできます。

社会人歴1年以上であれば第二新卒として転職活動を行うことになると思いますが、社会人1年未満となると第二新卒以外にも「既卒で就職活動」という手段もあります。

こうなると、第二新卒と既卒、どちらを選ぶべきかという問題に直面するのです。

第二新卒と既卒の違いを知る

まず、第二新卒と既卒の違いを説明します。

第二新卒とは

第二新卒とは、社会人歴3年以内のキャリアを持った人を対象とした中途採用のことです。

企業側が通常の転職と第二新卒を区別しているわけではなく、あくまでもメディア等が区別して「第二新卒」と呼んでいるのです。

つまり、第二新卒が特別というわけではなく、本質的には通常の転職や中途採用と変わりありませ

ただし、採用基準には少し差がみられます。通常の転職では基本的に「経験者採用」であり、その職種や業務に十分な経験を持った人を対象としますが、第二新卒の場合では経験者であってもキャリアが浅く、不足している場合(少なくて1年未満、多くても3年以内)もあるため、どちらかと言えば新卒と同じような「ポテンシャル」での採用となる傾向が強いです。そのため、未経験にも寛容なのが第二新卒なのです。

企業が人を採用する時、仕事の内容も当然みますが、その仕事に従事した期間や責任度合いも同じようにみます。仮に仕事内容がマッチングしていたとしても、期間が短いと高い評価は受けづらいです。また、第二新卒ではOJT(オン・ザ・ジョブトレーニング)の一環として業務に従事することもあるため、責任度合いも高いとは一般的には言えません。

 

既卒とは

既卒とは、高校・専門学校・高専・大学を卒業した人ばかりの人を対象とした新卒採用のことです(だいたい卒業から3年以内を対象)。

この既卒には2種類あります。

それは、「どこの企業にも就業した経験を持たない人」と「新卒でどこかの企業に入社した人」です。つまり、「就業経験がある・なし」で区別されます。

これまでの就職活動では、多くの企業で新卒採用の対象を「〇〇年3月に大学等を卒業予定の者」としてきましたが、ここ数年でこの条件を拡大する企業が増えてきました。しかし、残念なことに既卒を受け入れない企業もあるため、全ての企業が既卒で受けられるわけではありません。仮に既卒を受け入れている企業でも、「就業経験がない」ことを条件にしていることもあり、「就業経験のある既卒」も対象とする企業はさらに少ないのが実態です。

いずれにせよ既卒の場合、在学者と同じように新卒の就職活動を受けることになりますから、新卒の就職活動のスケジュールに合わせることになります

 

どちらを選ぶべきか

前述のとおり、第二新卒と既卒には違いがあります。

どちらを選ぶべきかという問題に対する答えは、それぞれの人の状況によって異なるために一般化するのは難しいですが、私はチャンスが多いのは「第二新卒」だと考えます。しかしながら、第二新卒でも「離職(既に退職をしている状態)」していると状況は変わってきますので注意が必要です。

既卒にチャンスがないというわけではありませんが、既卒でも「就業経験がある」と応募の対象外となってしまう企業もあり、まず就業経験のある既卒を受け入れている企業が少ないのが現実にあります。

また、既卒では時期によって新卒の採用活動が終わってしまい、応募すらできない場合もあります。新卒の就職活動は定期採用ともいわれるように、来春4月に入社する人を採用するものですから、秋や冬になって既卒で受けなおそうと思っても希望する企業の採用活動が終わっていることもあり得ます。仮に、受け入れている企業が見つかったとしても、どこの企業にも染まっていない純粋無垢な大勢の在学者と、少ない椅子を争うことになるため、「明確な志望理由」と「人に負けないPRポイント」がなければ、あえて歳を余分に1歳取った既卒を採用するに至りません

一方、第二新卒では「就業経験」を持っていることが前提であり、ライバルも同じような第二新卒者かキャリアを持った経験者となるため、まず既卒のような激しい競争はありません

既卒とは違い定期採用ではないため、一年中募集がかかるうえに、入社時期も来春を待つ必要もありません。これは企業にとってもメリットです。企業側も既卒では来春4月にならなければ入社しませんが、第二新卒では早ければ内定を出してから1か月程度で入社できるため、「すぐに若い人材が欲しい」という企業にはメリットがあります。

 

同じことを繰り返すか

私が既卒より第二新卒をおススメする理由は他にもあります。

新卒で企業に入社した際、多くは「新入社員研修」としてビジネスマナーなどの教育訓練を2週間~数カ月かけて受けることになりますが、既卒として入社すると同じように来春に新入社員研修を受けることとなります。

時間というのは有限です。確かに新入社員研修の内容は重要ですが、二度受けるようなものではないと思います。電話マナーも名刺交換も理論を一度習えば、あとは実践あるのみです。

「すぐに仕事を変えたい!」や「新しい仕事をやりたい!」と思っても、既卒では入社を来春4月まで待たなければならず、入社後も同じように研修を受けなくてはならないため、この期間のキャリアが身にならないという問題もあります

 

年収が高いのは

年収について気になる人も多いかと思いますが、第二新卒と既卒ではどのような差があるのでしょうか。

結論を先に言えば、第二新卒も既卒も年収においては五十歩百歩だと思います。大きな差はありません。あるとすれば所属する業界・企業・職種による差です。

通常の転職では、キャリア、スキル、経験に応じて年収がアップする可能性もありますが、第二新卒の場合にはそれほど期待できない実態があります。基本的には現職の給与と同じか、むしろ下がることもあり得ます。なかには、新卒よりキャリアがあるとして年収が高くなることもありますが多いケースとは言えません。

一方、既卒の場合、年収は新卒時に戻るうえに、横一線です。既卒であっても扱いは新卒入社となりますから他の新卒者とも差がありません。他の新卒者より余分に社会人歴を積んでいても、既卒で入社すればその分のキャリアは金額に反映されません。

第二新卒か、既卒かという問題で年収に差があるとすれば、月給よりもむしろ「賞与」に影響するかもしれません。新卒で入社すると最初の賞与は寸志であることもあり、支給されたとしても満額貰えるのは数年先となりますが、第二新卒で入社すれば社会人経験がある分だけ賞与は少し高く評価されることもあります。

 

未経験ならば

もう一つ気になるとすれば、未経験職種にチャレンジする場合でしょうか。

未経験職種にチャレンジするならば、第二新卒でも、既卒でもどちらでも構わないでしょう。

それは第二新卒も既卒も「ポテンシャル」採用となるためです。

未経験の場合、まずは「やりたい仕事」をベースに様々な企業で「募集」が出ていないかを確認します。

既卒で狙うのであれば、どこの企業でもホームページ上に新卒採用に関する情報が掲載されているので、入社したい企業のホームページを確認します。もしくはリクナビやマイナビなどの新卒ナビを利用しても構いません。

第二新卒として狙うのであれば、少し工夫が必要です。中途採用に関する情報をホームページ上に掲載する企業もありますが、基本的にはコンフィデンシャル(社外秘)であるために、転職サイトへ登録してみて募集がないか確認したり、もしくは転職エージェントを頼ることをおススメします

転職サイトや転職エージェントもどこも同じだと思われますが、それぞれのサイト・サービスで強みが違います。今回の場合では、20代の前半~半ばの若手を対象とした転職に実績があるサイト・サービスを選びます。

 

結論

最後に、今回の結論です。

何を優先するかにもよりますが、第二新卒か、既卒かで迷う状況にあるのであれば、特別な事情がない限り「第二新卒」を選ぶべきかと思います。特別な事情とは、以下のような状況です。

  • 来春4月でなければ現職を退職できない状況である(公務員希望者に多い)
  • 既に入社を希望する企業があり、その企業が「就業経験のある既卒」も受け入れている場合で、募集も締め切られていない

そうでなければ、第二新卒で積極的に受け入れてくれる企業を探し、面接を受けて、自分に合うか・合わないかを決めていく方がよいかと思います。

 

第二新卒・既卒を受け入れている企業と出会う方法

ハローワークを活用する

第二新卒や既卒のいずれの場合も、厚生労働省が運営する「ハローワーク」を活用するのも手です。

ハローワークの活用方法については、下記の記事にまとめました。ハローワーク=ダサい・古臭いというイメージがあるかと思いますが、求人数だけ見ても他の転職サイト・サービスを凌駕しています。また、キャリア相談にも気軽に応じてもらえるので、今後のキャリアについて悩みがある方にもおススメです。

 

第二新卒に強い転職サービスを使う

マイナビが運営するマイナビジョブ20’sは、分かり易く「20’s」とサービス名にあるように20代専門の転職エージェントです。

私もその分かり易さに惹かれ、第二新卒で転職活動を進めていた時に登録していました。実際、何社か面接を受けました。マイナビと言えば、リクナビの次に会員数を誇る就活ナビです。従って、新卒世代(比較的若い世代)に強みがあります

マイナビ20’sでは、20代を対象とした厳選求人を1,000件以上用意しており、未経験職種・業界へのチャレンジを歓迎している企業も多数あり、ひょっとすると希望する業界や職種を取り扱っているかもしれません。

転職エージェントを使うメリットは他にもあって、キャリアアドバイザーと一緒に相談しながら転職活動を進められる点です。実際、転職活動で内定を取ることは簡単ですが、第二新卒という年代はその後のキャリアを決定づけるうえで重要です。その第二新卒で失敗しないためにも転職エージェントを活用し、自分に合った企業を探すことが出来ます。

転職エージェントについて詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめました。

 

【登録はこちら】
マイナビジョブ20's

マイナビ20’sへ登録する

 

先に離職して今後のキャリアに不安がある方は

第二新卒や既卒であっても、既に離職(退職)しているのであれば、状況も異なります。

その場合には、人材会社大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する若者正社員チャレンジがおススメです。キャリアも積まないうちに空白期間を作ってしまうと正社員雇用に戻れない現実があります。

大切なのは「正社員になりたい」という気持ちだけです。今の自分に自信がない方も、同じような悩みを持つ人から相談を受けて、解決に導いているプロのアドバイザーへ相談してみることから始めます。

【登録はこちら】

若者正社員チャレンジへ登録する

 

まとめ

いかがでしたか。

そもそも、キャリアにおいて「若さ」というのは大きな武器です。

私のようにキャリアを少しずつ重ね「30歳(みそじ)」になってしまえば、この先の成長の伸びしろもある程度見えてきますが、まだ20代前半~半ばなのであれば、今後どこで、誰と、どのように、どんな仕事に取り組むかによって、これまで以上に成長することは勿論、その成長の伸びしろにも限界がないのです。

企業が経験豊富で即戦力なベテランばかりを採用するのではなく、こうした若手を積極的に採用するのも、その成長の伸びしろに限界がないゆえに期待を込めているからなのです。

こうした考えが分かれば、「第二新卒」か「既卒」かにこだわるのはナンセンスであり、手段はどうであれ、大切なことは「目的」です。「その先のキャリアで自分が何を果たしたいのか」、その思いが明確であればあるほど、思いは企業へ届くと思います。

私が第二新卒として転職活動をしていた時、既卒でシスメックスという医療機器メーカーを受けました。

シスメックスの既卒の条件は「就業経験のあり・なしに関係なく30歳」までを対象にしています。

シスメックスについてご存知ない方もいらっしゃると思いますが、順調に成長を続けており、海外売上比率も高い国際色豊かな企業です。昔から採用におけるスタンスが面白く、多様な人材を受け入れたいという思いが伝わってきます。興味がある方は、こちらをご確認ください。

入社したばかりの企業を退職したい!「第二新卒」と「既卒」、どちらを選ぶべきか

シスメックス

 

The following two tabs change content below.
Gon
キャリアクエスト運営責任者。 20代のうちに転職を3回経験し、現在4社目。自身がキャリアに悩み、転職を繰り返した経験をベースに、同じようにキャリアへ悩む20代、30代に向けてキャリア開発支援、転職支援を行いたいと考えている。

記事が気に入ったら
キャリアクエストを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

キャリアクエスト|なりたいキャリアをみつけるブログ

ピックアップ記事

  1. 【転職初心者向け】初心者もこれで安心!転職したいと思った時、何をするか?
  2. 【永久保存版】これから転職活動を始める人が絶対に知りたい「転職理由の組み立て方」…
  3. 【筆記試験対策】SPI3/SPI-G(WEBテスティングサービス)の攻略
  4. 【理系の進路】バイオ系に進む?バイオ系が就職でぶち当たる問題とは
  5. 孤独な転職活動の強い味方!転職エージェントへ登録して理想のキャリアをみつける

関連記事

  1. 【面接必勝法】面接時の逆質問は多ければいいという問題ではない!量より質!

    転職

    【面接必勝法】面接時の逆質問は多ければいいという問題ではない!量より質!

    Gonです。転職面接では、当たり前とも言える「逆質問」。…

  2. [転職経験談]面接不合格となった企業への再応募は?できる?できない?

    転職

    【転職経験談】面接不合格となった企業への再応募は?できる?できない?

    Gonです。転職活動は、企業へ応募することから始まります。応募先の…

  3. 【転職初心者向け】転職することで失うものについて考えてみました

    転職

    【転職初心者向け】転職することで失うものについて考えてみました

    Gonです。転職は「転(ずる)職」と書きます。転ずる・・・、つまり…

  4. [転職失敗談]最終面接の攻略!後悔するな!最終面接でも準備を怠らない?

    転職

    【転職失敗談】最終面接の攻略!後悔するな!最終面接でも準備を怠らない?

    Gonです。少し恥ずかしいですが、私が転職活動をしていた時の失…

  5. 今すぐ転職を考えていない方も!情報収集を目的とした転職活動で自分の市場価値を知る?

    転職

    今すぐ転職を考えていない方も!情報収集を目的とした転職活動で自分の市場価値を知る?

    Gonです。このブログの読者のなかには、今まさに転職活動を始めよう…

  6. 【転職初心者向け】初心者もこれで安心!転職したいと思った時、何をするか?

    転職

    【転職初心者向け】初心者もこれで安心!転職したいと思った時、何をするか?

    Gonです。新年度も始まり、もうすぐGWを迎えます。今まさに転職を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 他社でも通用する?技術者・エンジニアの市場価値を決める7つの要因
  2. 【永久保存版】これから転職活動を始める人が絶対に知りたい「転職理由の組み立て方」
  3. 入社したばかりの企業を退職したい!「第二新卒」と「既卒」、どちらを選ぶべきか
  4. 【地元就職・地域密着】ハローワークを理解し、駆使することで転職の目的は果たされる
  5. IT、Web業界でキャリアを積んでいきたい人が知っておきたい業界事情
  6. 人は見た目が一番大事!?見た目を鍛え、印象を良くすることで「成功」をグッと手繰り寄せる
  7. イクメンこそ男の夢!?男性の育児休暇取得について真剣に考えてみる
  8. 【就活生必読】具体例で分かる!就活生が書いたエントリーシートの志望動機を社会人が見て思う4つのこと
  9. キャリアやスキルを伸ばす絶好のチャンス!?海外で働くための方法は一つではない
  10. このブログに込めた「なりたいキャリアをみつける」とは

過去の記事

  1. 【メンタルヘルス】仕事で抱えている見えないストレスの倒し方

    お役立ち

    【メンタルヘルス】仕事で抱えている見えないストレスの倒し方
  2. 第二新卒こそ「転職理由」が見られる!経験者だから分かる「転職理由」はポジティブに!

    新卒・第二新卒

    第二新卒こそ「転職理由」が見られる!経験者だから分かる「転職理由」はポジティブに…
  3. 研究したい・・・?研究者というキャリアについて

    キャリアインタビュー

    研究したい…?研究者というキャリアについて
  4. [キャリア]視点を変える!「会社に雇われない生き方」

    キャリア

    【キャリア】視点を変える!「会社に雇われない生き方」
  5. 後悔で成功を手にしたければ「手段を目的としないことだ

    転職

    転職で成功を手にしたければ「手段を目的としないことだ」
PAGE TOP