面接の日程調整でお困りではありませんか?転職玄人が教える「面接日程調整の極意」とは

転職

面接の日程調整でお困りではありませんか?転職玄人が教える「面接日程調整の極意」とは

Gonです。

転職活動はとは、基本的に現職に在職しながら行います

「現職が嫌いだから早々と離職したい」、「忙しくて時間が作れないから退職してから転職活動をしよう」と先に退職(離職)をし、転職活動することはおススメできません。

はっきり言えば、空白期間があることが次の転職において不利として働きます。また、退職・離職=収入ゼロなので経済的にも苦しいでしょう(必ずしもゼロではなく、失業保険の給付金もある)。

しかしながら、現職に在職をしながら転職活動を行うため、面接など選考に呼ばれれば、有給休暇を消化することになりますが、その取得が可能な環境にいるかは問題です。

また、転職活動では現職にバレないような配慮も必要となるため、私も面接の日程調整には苦労しました。今回は、転職経験から得た日程調整の極意についてお伝えしたいと思います。

面接の日程調整の主導権

大原則として、転職活動では応募先企業の面接官のスケジュールが優先されます。

何故ならば、中途採用では一次面接・二次面接の面接官があらかじめ決まっているためです。その方々の予定が合わなければ、面接することができません。

新卒の就職活動は定期採用とも言い、人事部がメインでした。人事部がアサインした社員が新卒の面接では面接官を務めます。

一方、中途採用では一次面接は配属先(現場)の上司や部長クラスがやってきます。よりイメージを膨らませるために言えば、今所属するチーム、部署のリーダーや課長クラス、さらにはマネージャー・部長クラスです。

私の経験するなかでは、稀に応募者側、つまり求職者のスケジュールを優先してくださる企業もありますが、面接官の予定をキャンセルしてまで面接の時間を確保できるほど容易いものではありません。多くの場合は複数日程を提示してくれるので、その中から都合のいい日を選ぶことにはなります。

また後述しますが、最終面接では、今度は人事権を持った役員・経営者クラスが面接官となるため、最終面接の日程調整は一次面接より厳しくなります。

 

むやみやたらと応募しない

なぜ面接の日程調整に苦労するか?

志望度が高くない企業に応募していませんか?

これに尽きます。結局は、体は一つです。興味が持てない企業にも応募書類を送っていませんか?

「内定を貰っても間違いなく蹴るだろうと思う企業はあらかじめ受けないことです。」

転職エージェントを利用すると、アドバイザーから広い視野を持って複数社応募するべきと言われます。

確かにとりあえず応募書類を送ってみる(行動してみる)ことは大切ですが、応募書類を送付する前に自分の中で絞っていくことは必要です。

もしも100通の応募書類を出したとして、全て通過すれば100社の面接に呼ばれます。面接に呼ばれても辞退することは可能ですが、転職エージェントを利用する場合、アドバイザーは面接は受けて欲しいと嘆願するでしょう。転職エージェントにとって顧客は企業ですから、失礼にあたります。

応募する企業を探す際に気を付けたいことは「内定を貰ったら現職を辞める決心がつくかです

この考えが抜け落ちている人は、転職が目的となってしまっていると思います。転職は目的ではなく「希望を叶える手段」であることを忘れてはいけません。この決心がつかなければ、応募しない選択も考えてください。

 

自分のペースで進める

現職が嫌で早く辞めたいと思う人ほど、短期間で転職先を決めようとします。確かに短期集中で数打って転職先を決めてもいいでしょう。もしも次が決まれば、いよいよ現職を辞めることができます。

よく考えたうえでの決断であれば止めませんが、勢いで転職するようなことにはならないようにしてください。転職では必ずしも成功する人ばかりではありません。何割かの人が転職したことを後悔したり、失敗だと感じて再転職をしています。

現職に在職しながら転職活動を行うため、経済的には安定した状態です。

また、有給休暇の取得環境や仕事の忙しさは人によって違うと思いますから、焦る必要はなく、自分のペースで転職活動を続け、転職先と自分自身の希望を照らし合わせて選んでいく姿勢が転職活動では大切だと思います。

転職面接は平日の営業時間内で行われることが多く、土日に面接をする企業はあまり聞いたことがありません。

これまで私が受けた面接では、過去に所属したベンチャー企業のみ、面接が土曜日に行われましたが、他の企業は全て平日・営業時間内でした。

 

連続した有給休暇は周囲にバレる危険も

もう絶対にやめる!どうにでもなれ!と投げやりになっているならば、止めませんが、今の仕事よりもっと条件面でいいところに決まれば転職もありかな?と考えるくらいの人においては、転職活動をしていることがバレる危険性も考えなければなりません

雰囲気にもよりますが、もしも転職活動がバレたら仕事を与えられなくなる場合や、上司から陰湿な嫌がらせを受けるかもしれません。部署の噂になれば、毎日の仕事が辛い日々に変わりそうです。

今まで有給休暇をほとんど取らなかった人がある日を境に急に、連続して有給休暇を取得し始めたら、どう思いますか?

転職活動しているのかな?と疑う人もいると思います。転職経験者は特に敏感です。

 

有給休暇を取るならば月曜日か金曜日

それでも、選考を受けるためには面接へ行かなければなりません。それでは、何曜日に休暇を取得することがベターなのでしょうか。

私の場合、有給休暇を取得する時、つまり面接の予定を入れる時は、月曜日もしくは金曜日を選んでいました。

もし平日休みを取るならば、おススメは月曜日か金曜日です。

これにははっきりとした理由があります。仮に、上司や同僚に聞かれても、「三連休で旅行したいから」とか「実家に帰省させて欲しい」と言えばいいのです。

私の場合、月1回程度、有給休暇を取得し、面接へ参加しました。忙しい時期は土・日も出勤していたので、振替休暇をうまく使って、周囲にバレることなく転職活動を行うことができました。

急な変化があると周囲は疑いの目で見てきますから、基本的なスタンスは「ペースは一定」にして「月数回程度」面接の予定を入れていくといいと思います。

ただし、東京近郊にお住まいの方は、夜の遅い時間帯でも面接を組んでもらえる可能性があるかもしれません。

地方でも場所によっては半日休暇で済むこともあるでしょう。半日休暇では「通院する」が怪しまれなくていいと思います。理由を作りやすいのは「歯科」、「整形外科(腰痛)」でしょうか。

 

最終手段の使用は避けたい

私は、転職活動中、1回だけ「〇〇が倒れた」というウソを作って休暇を取得したことがありました。

それはどうしても断れなかった面接でした。今からしたら、後悔しています。そこまでして休むこともなかったし、上記でお伝えしたように、もしも内定を受けても蹴るだろうと思っていた企業でした(失礼ですが)。

私がした演技に対して同情を買ってくれた上司には今でも申し訳ない気持ちです。結局、その面接は通過できましたが、次の最終面接は辞退することとなりました。

どうしても困った時には最終手段も有効ですが、後味が悪いのでおススメはできません。もしも使う場合にはウソの付き方には注意が必要です。連続したウソで事実の整合性が取れないと、バレるでしょう。

 

最終面接は日程・時間指定の場合も

苦労して、苦労してたどり着いた最終面接。最終面接の機会を得たけど有給休暇が残っていない、とならないように転職活動期間中は計画的に有給休暇を使います

しかし、一次面接以上に最終面接では日程調整が厳しくなります。企業によっては、日付指定だけでなく、時間指定までされます。

最終面接では、人事権を持った役員・経営者クラスが面接官となります。私が過去に受けた企業では、人事権を持った役員が海外出張中で、二週間くらい調整がつかずに最終面接の予定がずれ込んだこともありました。

新卒の就活の影響を受けて、中途採用は〇月末で打ち切らなければならなかったりと、企業の状況は様々です。その場合、無理やりにでも〇月末までに最終面接が予定されました。

この最終面接に合格さえすれば、内定となりますから、無理のないスケジュールが組めるように企業の担当者や転職エージェントのキャリアアドバイザーと交渉します。

また、最終面接における失敗談を記事にしましたので、参考程度にご確認いただければ幸いです。

 

まとめ

いかがでしたか。

面接の日程調整には転職活動期間中は苦しめられます。特に、地方民であればあるほどです。

記事でもお伝えしましたが、ポイントは「企業選び」です。

「内定を貰ったら現職を辞める決心がつくか」という基準で応募企業から厳選します。

転職とは目的ではなく手段です。現職を辞める決心がつく企業だけに絞って転職活動を進めていきましょう。

The following two tabs change content below.
Gon
キャリアクエスト運営責任者。 20代のうちに転職を3回経験し、現在4社目。自身がキャリアに悩み、転職を繰り返した経験をベースに、同じようにキャリアへ悩む20代、30代に向けてキャリア開発支援、転職支援を行いたいと考えている。

記事が気に入ったら
キャリアクエストを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

キャリアクエスト|なりたいキャリアをみつけるブログ

ピックアップ記事

  1. IT、Web業界でエンジニアとしてキャリアを積んでいきたい人が知っておきたい業界…
  2. 面接後の心理状態を解消!?「合格」と「不合格」を判別するサインとは?
  3. 【転職初心者向け】初心者もこれで安心!転職したいと思った時、何をするか?
  4. 【筆記試験対策】SPI3/SPI-G(WEBテスティングサービス)の攻略
  5. 孤独な転職活動の強い味方!転職エージェントへ登録して理想のキャリアをみつける

関連記事

  1. [転職回数に悩む20代・30代へ]転職回数より大切なのはブレのない骨太な軸である

    20代後半

    【転職回数に悩む20・30代へ】転職回数より大切なのはブレのない骨太な軸である

    Gonです。20代のうちに初めて転職を経験する方は多いですが、2回…

  2. 孤独な転職活動の強い味方!転職エージェントへ登録して理想のキャリアをみつける

    転職

    孤独な転職活動の強い味方!転職エージェントへ登録して理想のキャリアをみつける

    Gonです。私もそうでしたが、誰もが最初は初心者です。「転職に…

  3. [エージェントを使わずに転職を決めた人に]実例70万円アップ!誰も教えてくれない年収交渉のコツ
  4. 【転職回数が多い人は要注意】転職回数が多い人のための転職ストラテジー

    転職

    【転職回数が多い人は要注意】転職回数が多い人のための転職ストラテジー

    Gonです。私と同じように転職慣れした「転職玄人」が次に転職を考え…

  5. 転職面接は平日に行われる!働きながら企業の面接スケジュールを合わせるコツ

    転職

    転職面接は平日に行われる!働きながら企業の面接スケジュールを合わせるコツ

    Gonです。転職活動を始めて、多くの方が困ることと言えば「面接…

  6. 転職で応募書類が通らないと嘆く前にもう一度見直したい7つのポイント

    応募書類対策

    転職で応募書類が通らないと嘆く前にもう一度見直したい7つのポイント

    Gonです。第二新卒を含む転職活動において、最初の関門となるのが「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 他社でも通用する?技術者・エンジニアの市場価値を決める7つの要因
  2. 【永久保存版】これから転職活動を始める人が絶対に知りたい「転職理由の組み立て方」
  3. 入社したばかりの企業を退職したい!「第二新卒」と「既卒」、どちらを選ぶべきか
  4. 【地元就職・地域密着】ハローワークを理解し、駆使することで転職の目的は果たされる
  5. IT、Web業界でキャリアを積んでいきたい人が知っておきたい業界事情
  6. 人は見た目が一番大事!?見た目を鍛え、印象を良くすることで「成功」をグッと手繰り寄せる
  7. イクメンこそ男の夢!?男性の育児休暇取得について真剣に考えてみる
  8. 【就活生必読】具体例で分かる!就活生が書いたエントリーシートの志望動機を社会人が見て思う4つのこと
  9. キャリアやスキルを伸ばす絶好のチャンス!?海外で働くための方法は一つではない
  10. このブログに込めた「なりたいキャリアをみつける」とは

過去の記事

  1. 第二新卒のすゝめ「第二新卒も悪くない」と思う理由

    新卒・第二新卒

    第二新卒のすゝめ「第二新卒も悪くない」と思う理由
  2. これから入社や転勤される方へ!「郷に入っては郷に従え」ということわざをご存知ですか

    コラム

    これから入社や転勤される方へ!「郷に入っては郷に従え」ということわざをご存知です…
  3. 賞与の季節到来!賞与支給金額は何を基準に決められ、転職しても賞与は満額受け取れるのか?

    お役立ち

    賞与の季節到来!賞与支給金額は何を基準に決められ、転職しても賞与は満額受け取れる…
  4. 【永久保存版】これから転職活動を始める人が絶対に知りたい「転職理由の組み立て方」

    転職

    【永久保存版】これから転職活動を始める人が絶対に知りたい「転職理由の組み立て方」…
  5. 【面接必勝法】面接時の逆質問は多ければいいという問題ではない!量より質!

    転職

    【面接必勝法】面接時の逆質問は多ければいいという問題ではない!量より質!
PAGE TOP