第二新卒のすゝめ「第二新卒も悪くない」と思う理由

新卒・第二新卒

第二新卒のすゝめ「第二新卒も悪くない」と思う理由

Gonです。

就職活動中、企業からよく「3年後離職率」のように若手社員の離職を示す指標・データが提示されます。

東洋経済が毎年出版する就職四季報という有名な書籍がありますが、パラパラとページを捲っていけば様々な業界・業種の企業の離職率を知ることができます。

何故、ここで「3」という数字が選ばれるのでしょうか。考え方は様々ですが、入社から3年と言うのは「一人前」になれたかどうかの目安だからだと考えます。もちろん職種により差もあるでしょう。「職人」のように高い熟練度が求められるような仕事では、3年経過しても、まだまだ「半人前」でしょうか。

昔の人は「石の上にも三年」という言葉を作りました。この言葉はとても有名なことわざなので、特に説明も要らないでしょうが、「冷たい石でも上に座り3年も耐えれば温まってくる」という意味であり、つまり成功を掴むためには「忍耐」・「我慢」・「辛抱強さ」が必要であることを教えています。


第二新卒の経験談

年齢・経験は新卒と変わらないけど、就業経験を持った求職者や転職希望者のことを「第二新卒」と呼びます。

私も新卒で入社した企業を1年2カ月でスピード退職しており、この定義に当てはめれば第二新卒経験者ということになります。

そもそも転職を決意したのも、「もともとやりたい仕事ではなかった」からで、見方を変えれば「希望する職業に就くことができなかった」と同じことを指します。入社して数か月は「新しい仕事」へ挑戦しようと決めていました。ところが、段々と現実を知っていくと、もともとしたかった仕事を経験してみたいという思いが次第に強くなり、いよいよ「転職」を考えるようになりました。

このことを当時、誰にも相談できず、もちろん気心の知れた同期でさえ話すことができず、孤独を感じていました。

当時、まだ25歳です。特に根拠はありませんでしたが、やっぱり30歳になるまで頑張ろうかなと考え直すこともありました。

ここで、転職やキャリアではよく「30歳」が区切りになることが多いですが、私は「30歳」にこだわる必要はないと考えています。キャリアと年齢は全く関係ありません。転職する人も増えている現代では、年齢よりもむしろ「経験に重きが置かれるべき」だと思います。

最後は自分の気持ちが段々と大きく膨れ上がっていき、初めはリクルートエージェントを利用しながら、リクナビNEXTで求人情報を探していましたが、他にもDODAマイナビ、また他の転職サイトへも次々と登録をしていきました。

 

後悔だけはしたくない

転職はいつでもできると思いがちですが、私のように未経験で業界・職種も大きく変えようと思えば話は変わるはずです。

つまり、「未経験」ということでは、年齢が上がるにつれて段々と難しくなっていきます。それは、企業側の立場に立って想像すれば簡単に理解でき、3つの理由があると考えます。

 

①:フレッシュかつ柔軟性があり、企業風土に染まっていない

実際、第二新卒では年齢・経験もほとんど新卒と変わりありません。違いを挙げれば、就業経験を持っているかどうかです。

実は、この就業経験があることも、企業からしたらプラスにも働きます。

その理由は、就業経験を有することは、基礎的な社会人マナー等は習得しており、入社後に研修に余計なコストがかからないからです。基礎的な社会人マナー(電話・メール・名刺交換・報告連絡相談など)を習得しており、さらには年齢・性別・役職が様々な会社組織のなかでコミュニケーション経験を培っているならば、新卒より即戦力であることに変わりありません。

一つの企業で数年のキャリアを積んだ人と比べても、あらゆる面で考え方が固執しておらず、頭がフレッシュで、柔軟性にも富んでいます。つまり、第二新卒の良さは「素直」であることです。一つの企業で数年のキャリアを積んでしまえば、考え方もその組織の考え方に近づいていくし、頭も段々と固くなっていくと思います。そして、社内での経験・実績がプライドを生み、それが邪魔をして「素直さ」は薄れていくと思います。

 

②:定年退職に到達するまでの年数が長い

年齢が若いということは、その企業で活躍できる期間・年数が多いことを意味します。

企業は、年齢が高いベテラン社員には、人・組織のマネジメントやリーダーとして率いる経験を積んで欲しいと期待するもので、一方でフレッシュな若手社員には現場の第一線に立ち、様々な経験を積んでもらい、会社の将来のためにも大きく成長して欲しいと未来を含めて期待します。

若手のサラリーマンが転職を考える上で「30歳」は一つのきっかけになることが多いですが、30歳という年齢は大卒社員(入社時の年齢:22歳)では8年目、大学院卒社員(入社時の年齢:24歳)でも6年目です。生え抜きの社員がその仕事に6年~8年経験を有しているにも関わらず、経験が一切ない30歳の人が中途で採用されるかどうかは少し考えてみれば分かると思います。ゼロとは言えませんが、段々と厳しくなっていくでしょう。

何度も繰り返しになりますが、「30」という数字にこだわる必要はありません。仕事をしている時間は人生のなかでも大部分を占めますし、一日の時間で考えても職場で過ごす時間がほとんどです。

 

③:既存社員とのバランスを考えると若い方がいい

既存社員のバランスということも考えられます。これは大手企業に多いと思います。

日本では、年功序列という考え方が長く支配してきましたが、残念ながら現在でも色濃く残っていると感じています。

生え抜きの社員にとって、経験年数(入社年度)の差は先輩・後輩という関係になっていきますが、中途入社の場合、先輩・後輩という関係は生まれず、上下関係は実年齢に応じます。

業界・職種ともに未経験であればゼロからの教育が必要ですが、入社時の年齢が高いと年齢が低い社員から教育を受けることも十分想定されます。単純に、30歳で中途入社して、25歳の社員(経験年数:3年)から教育を受けるとして、その5年後を考えると35歳と30歳です。その教育を担当した社員はあなたの入社時の年齢にこの時点で到達します。一方、35歳ともなれば、段々と現場レベルのリーダー的ポジションを担いながら、組織マネジメントを段々と覚えていく年齢です。しかしながら、現場の経験レベルは年下である30歳の社員の方が上なわけですから、これではバランスがよくありません。

年功序列という考えが未だに浸透している大手企業では既存社員とのバランスも考えると思います。だからこそ、もしも業務経験がなければ若い方がいいと思います。年齢が高くなると大手では業務経験を求める傾向にあるのもこのためだと思います。

 

まとめ:同じように後悔したくない人へ

転職活動を「する・しない」にしても自由ですし、もし仮に企業から内定を受けたとしても、その企業に「絶対に入社しなければならない」わけではありません。

私自身もこれまで選考を辞退したことも、せっかくの内定を断ったこともありました。

「石の上にも三年」ということわざがあるように、確かに忍耐力も必要です。私にも耳が痛いことですが、実績もろくにないにも関わらず、実力以上に「理想」や「夢」ばかりを語るのではなく、地に足をつけて与えられた環境で地道に経験を積んでいき、ひいては成功を収めることができれば評価も受けますし、仕事も面白くなっていくかもしれません。

しかし、それ以上にキャリアを積むという視点ではお伝えしたように、「年齢が若い」ことは大きなアドバンテージとなります。人は過去へ遡ることはできませんので、将来後悔することにならないようにだけはしたいものです。

私のように転職を繰り返すことは、評価を受けませんが、もしも今やりたいことが他にあるならば「第二新卒」という選択も悪くないと思います。忍耐がないならば、次の環境で忍耐力を発揮して証明していけばいいと思います。

The following two tabs change content below.
Gon
キャリアクエスト運営責任者。 20代のうちに転職を3回経験し、現在4社目。自身がキャリアに悩み、転職を繰り返した経験をベースに、同じようにキャリアへ悩む20代、30代に向けてキャリア開発支援、転職支援を行いたいと考えている。

記事が気に入ったら
キャリアクエストを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

キャリアクエスト|なりたいキャリアをみつけるブログ

ピックアップ記事

  1. 【永久保存版】これから転職活動を始める人が絶対に知りたい「転職理由の組み立て方」…
  2. IT、Web業界でエンジニアとしてキャリアを積んでいきたい人が知っておきたい業界…
  3. 【理系の進路】バイオ系に進む?バイオ系が就職でぶち当たる問題とは
  4. 【転職初心者向け】初心者もこれで安心!転職したいと思った時、何をするか?
  5. 面接後の心理状態を解消!?「合格」と「不合格」を判別するサインとは?

関連記事

  1. 転職面接は平日に行われる!働きながら企業の面接スケジュールを合わせるコツ

    転職

    転職面接は平日に行われる!働きながら企業の面接スケジュールを合わせるコツ

    Gonです。転職活動を始めて、多くの方が困ることと言えば「面接…

  2. 第二新卒こそ「転職理由」が見られる!経験者だから分かる「転職理由」はポジティブに!

    新卒・第二新卒

    第二新卒こそ「転職理由」が見られる!経験者だから分かる「転職理由」はポジティブに!

    Gonです。この春から社会人2年目、3年目となる方や、早いですが社…

  3. 今すぐ転職を考えていない方も!情報収集を目的とした転職活動で自分の市場価値を知る?

    転職

    今すぐ転職を考えていない方も!情報収集を目的とした転職活動で自分の市場価値を知る?

    Gonです。このブログの読者のなかには、今まさに転職活動を始めよう…

  4. 孤独な転職活動の強い味方!転職エージェントへ登録して理想のキャリアをみつける

    転職

    孤独な転職活動の強い味方!転職エージェントへ登録して理想のキャリアをみつける

    Gonです。私もそうでしたが、誰もが最初は初心者です。「転職に…

  5. 面接後の心理状態を解消!?「合格」と「不合格」を判別するサインとは?

    転職

    面接後の心理状態を解消!?「合格」と「不合格」を判別するサインとは?

    Gonです。私はこれまでの転職活動で沢山の面接を経験してきまし…

  6. 【転職経験談】名門企業・旭硝子のキャリアマッチング採用に応募してみたよ

    転職

    【転職経験談】名門企業・旭硝子のキャリアマッチング採用に応募してみたよ

    Gonです。大手企業を中心に独自の方法で中途・経験者採用をする会社…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 幅広くバランスのよい能力が求められるWebディレクターの転職
  2. 他社でも通用する?技術者・エンジニアの市場価値を決める7つの要因
  3. 【永久保存版】これから転職活動を始める人が絶対に知りたい「転職理由の組み立て方」
  4. 入社したばかりの企業を退職したい!「第二新卒」と「既卒」、どちらを選ぶべきか
  5. 【地元就職・地域密着】ハローワークを理解し、駆使することで転職の目的は果たされる
  6. IT、Web業界でキャリアを積んでいきたい人が知っておきたい業界事情
  7. 人は見た目が一番大事!?見た目を鍛え、印象を良くすることで「成功」をグッと手繰り寄せる
  8. イクメンこそ男の夢!?男性の育児休暇取得について真剣に考えてみる
  9. 【就活生必読】具体例で分かる!就活生が書いたエントリーシートの志望動機を社会人が見て思う4つのこと
  10. キャリアやスキルを伸ばす絶好のチャンス!?海外で働くための方法は一つではない

過去の記事

  1. 20代~40代の5000人のサラリーマンが回答!88%の人が副業に興味あり!その理由とは

    関連記事・サービス紹介

    20代~40代の5000人のサラリーマンが回答!88%の人が副業に興味あり!その…
  2. 転職で応募書類が通らないと嘆く前にもう一度見直したい7つのポイント

    応募書類対策

    転職で応募書類が通らないと嘆く前にもう一度見直したい7つのポイント
  3. 就活において大手病は悲劇な結果を招くかもしれないという話

    キャリア

    就活において大手病は悲惨な結果を招くかもしれないという話
  4. [転職失敗談]最終面接の攻略!後悔するな!最終面接でも準備を怠らない?

    転職

    【転職失敗談】最終面接の攻略!後悔するな!最終面接でも準備を怠らない?
  5. 賞与の季節到来!賞与支給金額は何を基準に決められ、転職しても賞与は満額受け取れるのか?

    お役立ち

    賞与の季節到来!賞与支給金額は何を基準に決められ、転職しても賞与は満額受け取れる…
PAGE TOP