[おもしろい会社を紹介します]クモの糸を人工合成!夢の実現を目指す、スパイバー!

業界・仕事研究

おもしろい会社を紹介します vol.1(人工合成クモの糸を開発!Spiber)

Gonです。

「面白い会社を紹介します」シリーズでは、私が面白いと感じた企業をご紹介します。

知名度はまだまだ低いけど、特定の分野で世界に先駆けて挑戦していくベンチャー企業や、社会貢献性が高い事業を手掛けているベンチャー企業を中心に紹介していきたいと思います。

ベンチャー企業が中心となりますが、内に秘めたポテンシャルは計り知れないものがあると感じてもらえると思います。皆様のご期待に応えられるようなベンチャー企業をピックアップしていきますので、楽しみにしていてください。

初回である今回は、米軍・NASAでさえ難易度が高く開発を断念したと言われるクモの糸の人工合成に成功したベンチャー企業、「Spiber(スパイバー)」をご紹介します。

スパイバーってどんな会社?

(出典:スパイバー

スパイバーというベンチャー企業をご存知ですか?スパイバーについて説明する前に、まずは以下の動画をご覧ください。

私が初めてこの動画を見た時、思わず画面に釘付けになりました。

世間から「できない」、「不可能だ」と言われていたことでも諦めずに「やってみること」、その「チャレンジ精神」と「好奇心」が技術者に必要な資質なのだと考えさせられました。

それを大企業ではなく、慶応大学発のベンチャー企業が成し遂げようとしています。純粋にこのスパイバーは面白いと思いました。

  • 【企業情報】スパイバーは山形県鶴岡市に本社を置く繊維ベンチャー企業です。
  • 【事業内容】新世代バイオ素材開発
  • 【設立】2007年9月
  • 【社員数】93名(取締役8名含む。2015年10月現在)
  • 【URL】http://www.spiber.jp

 

クモの糸こそ「夢の繊維」

クモの糸と言われて、「え?気持ち悪い!」と思われた方もいるでしょうか。

勘違いしないでください。クモの糸と言っても、道端にいる蜘蛛が紡いだクモの糸を使って商品化しているわけではありません。

スパイバーは蜘蛛を一切使わずにクモの糸を製造しようとしています。

「え?そんなことできるの?」

遺伝子組み換え技術を用いることでクモの糸の人工合成は理論的には可能です。それは、クモの糸が複数のアミノ酸が連なった「タンパク質」から構成されているからです。

クモの糸ですが、石油を使わない夢の繊維と言われており、ナイロンより高い柔軟性と鋼鉄より340倍も高い強度を兼ね備えています(防弾チョッキに使われるアラミド繊維の7倍のタフさを備えます)。

今回のスパイバーは、このクモの糸の人工合成だけでなく、繊維産業として重要な紡糸、量産化技術開発に成功した会社です。今、世界からも注目を浴びる日本が世界に誇る将来有望な会社です。

スパイバーが量産化に成功したクモの糸は「QMONOS」と名付けられました。個人的には、蜘蛛を全く連想させないこの表記は秀逸で、お洒落だと思います。このQMONOSの開発には経済産業省やNEDO(新エネルギー・産業技術開発機構)の支援を受けており、国家プロジェクトにも指名選定されています。

また、私も大好きなアウトドアブランド「The North Face」と手を組み、人工合成クモの糸を使ったプロトタイプのMOON PARKAの開発に成功しています。

世界で初めて人工合成クモ糸素材を用いて実際のアパレル工業ラインでの制作に成功し、これまで困難だとされてきた新世代タンパク質素材の実用化に向け、大きな一歩を踏み出しました。

(出典:GOLDWIN

(出典:GOLDWIN)

クモの糸とは思えない、化学繊維と言われれば、そう信じてしまうようなまるで遜色がない見た目です。

 

ラボレベルで可能なことも量産化となれば話は別

当たり前ですが、クモの糸とは蜘蛛が生産した天然物です。天然物学的には、このクモの糸は「フィブロイン」と呼ばれるタンパク質から構成されています。

そのタンパク質をコードする遺伝子を蜘蛛は保有しており、遺伝子発現することで蜘蛛はクモの糸を作っていますが、現在の遺伝子組み換え技術を用いれば、その遺伝子の配列情報があれば人口的に合成することは可能です。

実際、大腸菌など微生物を用いて組み込んだ外部遺伝子(ここではクモの糸)を強制的に発現させることで大量のタンパク質を得ることができます。

しかし、実際には低発現であったり、可溶化しなかったり、ロット間でのばらつきがあったりと問題は尽きません。さらに、人工合成クモの糸として実用化させるためには、その後の紡糸技術であったり、成形技術の開発等が必要です。

さらに、それを生産ステージまでスケールアップしていくとなると話は別です。

生産となれば、①安全に操作できること(現実的なパラメータ設定や生産設備)②生産コスト(いかに安く作るか)③恒常性(高い品質の製品を安定して生産できること)が求められます。

スパイバーはこれらの課題をクリアしていき、実用化の目途が立ってるベンチャー企業なので、将来が有望かと思います。

 

創業者・関山社長の思い

スパイバーの設立と、その人工合成クモの糸の開発に至るきっかけは、創業者であり、社長でもある関山社長の学生時代にまで遡ります。

まず、関山社長の経歴は以下の通りです。

入学後2001年9月から先端バイオ研究室である冨田勝研究室に所属。2002年より山形県鶴岡市にある慶應義塾大学先端生命科学研究所を拠点に研究活動に携わり、2004年9月よりクモ糸人工合成の研究を開始。

(出典:慶応義塾大学

関山社長は、慶応義塾大学へ在学中、山形県に大学が研究所を建てることを知り、これはチャンスだと思い、文系から理系に転身したようです。

研究室の合宿の夜、大学の後輩の菅原潤一・現執行役と酒を飲んだ時だった。「最強の生物」の話題をつまみにした。「クモだ」。2人の答えは同じだった。「この世で最も強い糸を出すクモは事業になる」。菅原執行役の一声で会社名まで決まった。「スパイダー(クモ)とファイバー(繊維)でスパイバー、いいね」

それから研究活動に没頭し、そして博士課程に進学した2007年9月に同じ志を持った仲間たちと起業し、スパイバーを創設しました。

(出典:山形新聞

スパイバーは、スパイダー+ファイバーの造語です。社名もユニークで素敵です。関山社長は、学生時代にスパイバーを立ち上げました。

 

トライ&エラーとパラダイムシフト

一般的に技術開発の成功の陰には幾つものボツデータが存在します。

カギとなる試練は、量産する上でいかに糸を強くできるかだ。これまで多くの研究者がこの課題につまずいてきた。さらに、樹脂で糸を覆うなどの方法を含め、さまざまな要素から糸を保護する手法についても実験を重ねる必要があるという。全ての有機物がそうであるように、クモ糸も最終的に分解される。

(出典:The Wall Street Journal)

まさに、トライ&エラーを繰り返し、一つ一つデータを積み上げていき、ふとしたことから思いもよらないアイデアが生まれ、技術は進歩していきます。この繰り返しによりパラダイムシフトは起きるものだと思います。

タンパク質の生産はできても、それを結晶化し、紡糸できなければ、このプロジェクトにおいては成功とはいえません。

研究と生産は似て非なるものです。特に、タンパク質という素材は扱いづらい素材の一つです。研究レベルではうまくいっても、生産レベルで同じ結果が得られるかと言われればそうもいきません。

 

人工クモの糸の量産化で夢が広がる

クモの糸は世界で最もタフな繊維であるということ。

クモの糸は、世界で最もタフな繊維です。また、エネルギー問題、環境問題などが人類社会の大きな課題となるなか、その性能だけではなく、原料を石油に依存しない環境負荷の極めて少ない次世代素材として注目されており、工業化が期待されています。しかしながら、人工的なクモ糸を工業部材や製品を試作できる規模で生産可能とする技術は確立されておりませんでした。

(出典:NEDO)

このように、次世代素材として、工業化が期待されていますが、いざ工業化となると大量生産できなければ製造コストがかかってしまい、上市できたとしても製品の価格を高く設定せざるを得ません。これでは世の中になかなか浸透しづらいと思います。

下記は2013年の古い記事ですが、2016年現在ではさらに生産量が上がってるものだと考えられます。

スパイバーは2015年に月間1トンのクモ糸の生産化を目指している。11月までには1カ月の生産量を現在の約100キロから3倍にまで引き上げる計画だ。

(出典:The Wall Street Journal

1トン=1000 kg=1000000 g=1000000000 mgです。

研究室レベルでmgのタンパク質を生産することの苦労を知っていれば、これがいかに優れており、かつ進んだ技術であるかが理解できます。

人工クモの糸のプロトタイプから製品としてのポテンシャルが高いことは分かっているわけですから、後は製造コストを下げるため量産化技術を確立することにあると思います。

人工合成クモの糸の意外な使い道

この人工合成クモの糸の使い道は何も衣類だけではありません。

スパイバーのホームページによると、クモの糸繊維は鋼鉄を超える強さ&ナイロン以上の柔軟性を持ち合わせているそうです。そして1cm直径の糸(ホームセンターで売っている一般的なロープくらい)でクモの巣を作れば、飛んでいる飛行機もキャッチできるようです。これって飛行機事故防止に役立つ予感。空港の滑走路にクモの巣を張っておけばオーバランしたときに受け止めてくれるし、飛行中に故障したら空中に張ったクモの巣に突入して飛行機ごとキャッチ・・・そんな未来が実現するかもしれません。

(出典:サクランポスト

さらには、

宇宙エレベーターの実現。天井からクモが一本の糸を垂らして降りてくる姿を想像してみてください。強靭さと伸縮性を兼ね備えたロープであれば地球と宇宙ステーションを繋ぐ宇宙エレベーターも夢ではなくなります。そして「宇宙エレベーター」が実現したら、次は月と地球を結ぶ「月エレベーター」でしょう。こうして考えてみると「宇宙観光」さらに「宇宙ビジネス」にも大きな貢献をするかもしれない。クモの糸って夢がありますよね。

(出典:サクランポスト

宇宙エレベーターは夢があります!

政府も補助金を出して支援している理由が分かります。日本が世界に誇る技術として、世界中で浸透しているのかもしれません。

 

クモの糸にとどまらない!?

鋼鉄の340倍という異次元のタフネスを有する「クモの糸」をはじめとするタンパク質は、20種類のアミノ酸の組み合わせにより多種多様な素材を生み出すことが可能な素材の「プラットフォーム」です。機能性と環境性に優れ、テーラーメイドで多品種少量生産でも低コスト化が可能という、とてつもないポテンシャルをもつ新世代の基幹素材として期待されています。遠くない将来、金属やガラス、ナイロンやポリエステルのように、人類がタンパク質を使いこなす時代が到来します。私たちは、志あるパートナーとともに、ものづくりの新時代を切り拓きます。

(出典:スパイバー

タンパク質を使いこなす時代の到来。

現時点において、タンパク質は20種類のアミノ酸が連なってできている分子ですが、その三次元的な構造となると複雑であり、扱いにくい素材であると言えます。ところが、自然界の生物はというと、ありとあらゆる構造、活性、性質を有するタンパク質を20種類のアミノ酸からいとも簡単に合成しています。

クモの糸の素材開発から得た経験と知見をもとにスパイバーはその先を見据えているのかもしれません。ものづくりのプラットフォームが一度構築できれば、次から次へと新素材を開発していく考えなのでしょうか。

既にスパイバーでは様々な挑戦が始まっています。スパイバーのすごさは人工クモの糸の実用化だけではありません。

何と人工合成クモの糸の開発だけでなく、それらの素材を使ったフィルム、ゲル、スポンジ、ナノファイバーの技術開発にも並行して取り組んでいます。特に、タンパク質であるクモの糸の生体適合性が医療の進歩に大きく貢献するのかもしれません。また、軽くてタフなクモの糸で自動車を作れば、もし仮に交通事故に遭ったとしても軽症で済むのかもしれません。

この人工的に合成したクモの糸を使った新素材が世界のありとあらゆるものを変えていくかもしれません。

スパイバーが未来のモノづくりの概念を一変してしまうでしょうか。

今後もスパイバーを注目していきます。

 

2016年上場予定?

スパイバーについて調べていくと、IPOに関する情報が入ってきました。信憑性は分かりませんが、これはますます期待できます。

スパイバーが今年上場するのではないかといわれています。まだ確定情報ではありませんが、かなり期待しても良いのではないかと思います。うわさでは、2016年9月ごろに上場するのではないかという予想が挙がっています。

(出典:オブさんの投資日記

 

スパイバーに関する求人情報

求人情報サイト「Indeed」では、スパイバーの求人を公開しています。(現在は募集が終了している場合がございます)

バイオテクノロジー基礎技術開発担当

スパイバーの求人に興味がある方は、是非覗いてみてください。

それから、関山社長のインタビューが掲載されたサイトで見たのですが、スパイバーは現在も拠点が山形県鶴岡市にあります。これだけ注目を浴びて、資金にも余裕ができているはずなのに、本社の移転は考えていないようです。

その理由が深いと思いましたのでご紹介しますと、それはフィルタリングだそうです。スパイバーに入社したいと考える人は、日本国内だけでなく、世界に広がっています。

実際、全社員の10%が外国籍の社員であると書かれていました。バイオベンチャー、将来有望、世界に先駆けて、このような聞こえのいい言葉が目立つスパイバーなのですから、その肩書き欲しさに入社を希望する人は増えています。

ところが、勤務地を山形県鶴岡市とすることで、一つの「本気度」についてフィルタリングをしているのだそうです。それは、都会から離れたくないような人はいらないということ。入社希望者の大半は、山形県外からの移住になるため、生半可な気持ちで応募していないか、その本気度を確認しています。

まとめ

スパイバーは新素材で社会を変えてしまうほどのポテンシャルを持った企業です。

クモの糸の実用化は、まさに技術者冥利に尽きる仕事だと思います。この会社が世界のものづくりをリードする未来があるのかもしれません。それも遠い未来ではなく、すぐそこに。

日常生活を送るなかでも、蜘蛛の糸の強度と剛性の高さを感じられる場面は多いです。人間が人工的に生み出し繊維ではなく、自然が生み出した繊維こそが「最強繊維」であるのは興味深いと思います。

スパイバーのように面白いバイオベンチャーと出会いたい方へ

バイオベンチャーを含めた人気のバイオ・メディカル業界に強みを持つ転職サイト・サービスをまとめました。キャリアクエストが厳選した転職サイト・サービスです。

転職サイト・サービスと言えど、実は三者三様です。それぞれに特色があるので、自分に合った転職サイト・サービスが見つかることを願っています。

The following two tabs change content below.
Gon
キャリアクエスト運営責任者。 20代のうちに転職を3回経験し、現在4社目。自身がキャリアに悩み、転職を繰り返した経験をベースに、同じようにキャリアへ悩む20代、30代に向けてキャリア開発支援、転職支援を行いたいと考えている。

記事が気に入ったら
キャリアクエストを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

キャリアクエスト|なりたいキャリアをみつけるブログ

ピックアップ記事

  1. 【就活生必読】具体例で分かる!就活生が書いたエントリーシートの志望動機を社会人が…
  2. 【転職初心者向け】初心者もこれで安心!転職したいと思った時、何をするか?
  3. 【筆記試験対策】SPI3/SPI-G(WEBテスティングサービス)の攻略
  4. 面接後の心理状態を解消!?「合格」と「不合格」を判別するサインとは?
  5. 【理系の進路】バイオ系に進む?バイオ系が就職でぶち当たる問題とは

関連記事

  1. IT、Web業界でキャリアを積んでいきたい人が知っておきたい業界事情
  2. [おもしろい会社を紹介します]ミドリムシで飛行機を飛ばす!?ミドリムシカンパニー、ユーグレナ!

    業界・仕事研究

    おもしろい会社を紹介します vol.2(ミドリムシで飛行機を飛ばす!euglena)

    Gonです。引き続き「面白い会社を紹介します」のシリーズでお伝えし…

  3. [おもしろい会社を紹介します]輸血に第2のイノベーションを!iPS由来の血小板製剤の実現をめざす、メガカリオン

    業界・仕事研究

    おもしろい会社を紹介します vol.3(未来の輸血インフラを変えてしまう!Megakaryon)

    Gonです。「おもしろい会社を紹介します」ですが、今回は「再生医療…

  4. [業界研究]不況に強い?高給?将来性は?さぁ、製薬業界について学ぼう(基本編)

    メディカル業界

    【業界研究】不況に強い?高給?さあ、 製薬業界について学ぼう(基本編)

    Gonです。製薬業界とは、どのような業界なのでしょうか?今回は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 入社したばかりの企業を退職したい!「第二新卒」と「既卒」、どちらを選ぶべきか
  2. 【地元就職・地域密着】ハローワークを理解し、駆使することで転職の目的は果たされる
  3. IT、Web業界でキャリアを積んでいきたい人が知っておきたい業界事情
  4. 人は見た目が一番大事!?見た目を鍛え、印象を良くすることで「成功」をグッと手繰り寄せる
  5. イクメンこそ男の夢!?男性の育児休暇取得について真剣に考えてみる
  6. 【就活生必読】具体例で分かる!就活生が書いたエントリーシートの志望動機を社会人が見て思う4つのこと
  7. キャリアやスキルを伸ばす絶好のチャンス!?海外で働くための方法は一つではない
  8. このブログに込めた「なりたいキャリアをみつける」とは
  9. 転職や就職で転居・引越しが必要になった人のための「引越しガイド」
  10. 【面接必勝法】面接時の逆質問は多ければいいという問題ではない!量より質!

過去の記事

  1. キャリア

    同じ会社に長く勤めることも才能!?企業は何故、在籍期間を気にするのか?
  2. 工場で働きたい!工場で働くうえでのメリットとキャリアップは?

    キャリア

    工場で働きたい!工場で働くうえでのメリットとキャリアップは?
  3. 就活の省力化ツールをご紹介!各就活サイトへ一括登録ができる「Start就活」を使って作業時間を削減!

    大学生向け

    就活の省力化ツールをご紹介!各就活サイトへ一括登録ができる「Start就活」を使…
  4. 【地元就職・地域密着】ハローワークを理解し、駆使することで転職の目的は果たされる

    お役立ち

    【地元就職・地域密着】ハローワークを理解し、駆使することで転職の目的は果たされる…
  5. 【転職初心者向け】初心者もこれで安心!転職したいと思った時、何をするか?

    転職

    【転職初心者向け】初心者もこれで安心!転職したいと思った時、何をするか?
PAGE TOP